コスメゲル

オールインワンゲル情報局

大切なのは使用感!賢いオールインワンゲル選び!

      2016/03/20

オールインワンゲルは、現在多くのメーカーからさまざまな種類が販売されています。

しかし出たばかりのころはメーカーも少なく、

試してみたものの「やっぱり物足りない」と思って

使うのをやめてしまった方もいるのではないでしょうか。

 

化粧水、美容液、クリーム、そして物によっては

化粧下地や日焼け止めまで兼ねるのがオールインワンゲル。

それゆえに、保湿力がいまいちという口コミが当初は多かったものです。

私もオールインワンゲルを試し、保湿が足りなくて使用をやめていた時期があります。

 

しかし現在は、つけられた機能、使用感など、選択肢が多種多様になりました。

すると逆に、選び方がわからないという声も多く聞かれるようになりました。

 

オールインワンゲルは使用感が決め手

女子たるもの、肌悩みが全くないという人はいないでしょう。

そして、たいていの人は、スキンケア化粧品を選ぶときに

肌悩みから候補を絞っているのではないでしょうか。

 

なので、オールインワンゲルの選び方も、肌悩みに合わせて選ぶ…そう思っていませんか?

しかし、複数のオールインワンゲルを使ってきた私は、

「オールインワンゲルは使用感で選ぶべき」

と考えます。

 

肌は正直です。

スキンケアの時に、なんとなく「潤わないな」「肌の上だけふさいでる感じ」

などと感じるときがあるでしょう。

そう感じた時は、続けて使っていってもあまり改善を感じることができなかったり、

逆に肌の状態が悪化してしまうこともあったりします。

 

オールインワンゲルは、肌の調子に合わせて今日は化粧水を多め、

今日はクリームを多めなどというような調整がききづらいです。

それにそれだけしか使わないものですから、

肌の上に乗せた時に何となく乾燥すると感じたものは、

使っていくうちにもっと肌の乾燥で悩むことになります。

 

もちろん、オールインワンゲルの前に化粧水をつければ調整はできますが、

それではオールインワンゲルを使う意味はないです。

私たちの肌の状態は、ひとりとして同じ肌の人はいません。

 

オールインワンゲルも、ものによって長所、短所があります。

なのでオールインワンゲルの最も賢い選び方は、

乗せた時の肌の声を聞くこと、つまり使用感で選ぶのがセオリーです。

 

お悩み別オールインワンゲルの選び方

オールインワンゲルで気になるのは、

  • 保湿できない、乾燥する
  • 朝のメイク前に使うとかすが出る
  • ゲルの独特の使用感が苦手

というところでしょうか。

使用感で決めるのが選び方のセオリーとは言いましたが、

たくさんの商品を片っ端から試すのはお金も掛かりますよね。

なので、あなたの不安に対処するために、

オールインワンゲルの選び方をレクチャーします。

 

保湿できない、乾燥する

オールインワンゲルといえば保湿力が足りない、乾燥するというのは、

ほとんどお題目のように見られる言葉です。

もちろん、化粧水をたっぷりじっくり、

ハンドプレスで浸透させたような感覚を求めるのは、無理があるでしょう。

 

しかし、オールインワンゲルは発売された当時より進化しています。

乾燥肌、敏感肌の人でも使える製品もあり、

保湿力、保水力が高く作られています。

 

成分でいうならば、もともと肌にも存在しバリア機能も持つセラミド、

保湿成分の王者ヒアルロン酸、コラーゲンなどです。

また、なじませる間に一度ゲルに含まれた水分が浮き出てきて、

それをさらになじませるという製品もあります。

肌でしっかり水分を含み、保持するタイプのものを選びましょう。

 

上からメイクするとかすが出る

よく「モロモロ」といわれるかすが出るというのもまた、

オールインワンゲルにつきものです。

これはゲルの選び方というよりは、

ゲル自体の使い方を工夫することで対処するものです。

 

かすができる原因は、カルボマーやジメチコンなど、

ポリマー系の成分が多く入っていることが挙げられます。

ほかには、水分と油分を混ぜる乳化剤が含まれていないため、

浸透に時間がかかるということもあります。

乳化剤はあまり肌に良くないともいわれているので、ないものを選ぶ人もいるでしょう。

 

ポリマー系の成分は、肌の上に皮膜を作って水分をキープするとともに、

つるんとした使用感を与えるものです。

しかし肌になじまないうちにメイクをしてしまうと、

ファンデーションなどを塗り広げた刺激で被膜が壊れ、出てきてしまうのです。

 

ですから、対処法としてはゲルを塗ってからメイクまでしばらく時間を置く、

なるべく肌をすらないベースメイクをするというのがあります。

またノンシリコンのものを選ぶというのも一つの手です。

 

独特の使用感が苦手

オールインワンゲルは、どちらかというとぺたぺたした使用感のものが多いようです。

このなんとなく肌になじんでいない感じが苦手ではありませんか。

これは、肌に「ふたをする」役目を、クリームなどの油分と違って、

増粘剤やポリマー系の成分で行っているからです。

 

実はこれも塗り方で対処できるものだったりします。

ぺたぺたした感じがする時は塗りすぎなので、

「これで大丈夫?」と思うところまで減らします。

それで潤わない、乾燥すると言った場合はもっと保湿力の高い製品に変えましょう。

 

そもそもぺたぺたした感じ、被膜感が苦手な場合は、

ノンシリコンの製品を選ぶのが最善手です。

「ふたをする」成分が必ず入っているので、

トロッとしたり油分のべたつきを感じることはありますが、

被膜感は感じにくいでしょう。

 - オールインワンゲル