コスメゲル

オールインワンゲル情報局

忙しい朝こそ、朝にふさわしいオールインワンゲルで

      2016/04/30

 

女子の朝は毎日が戦場です。

朝食を作って、食べて、洗濯物を干して、子どもに食べさせ、園や学校に行くのを見送り、自分も着替えて化粧し、出勤する…

一仕事終えた気分ですよね。

 

そんなとき、1本でいろいろな機能を持つオールインワンゲルを朝のスキンケアに活用すると、朝の自分の身支度の時間が短縮できます。

パパッと塗って、その上から化粧をして外に出ることができれば、毎日の生活も少しだけ、楽になるとは思いませんか。

 

ただ、オールインワンゲルの欠点として、モロモロしたカスが出やすいという点も。

朝急いでメイクをしたいときにカスが出てしまうと、焦るし、テンションが下がってしまいます。

 

逆にカスが出るから、朝はオールインワンゲルを使わないという人もいます。

でもせっかく時短、節約のために買っているオールインワンゲルを、朝にも活用できなかったら意味がないとは思いませんか。

なので、朝にもオールインワンゲルを活用するために、塗り方と選び方のコツを教えます。

 

1.塗り方に注意する

オールインワンゲルを敬遠している人が挙げている一つの理由は、ゲルを塗るとカスが出ること。

実はこのカスは、選び方と塗り方を工夫するだけで出なくなるのです。

 

そのコツというのはたった2点。

しかも、どちらか1点に気を付ければOK。

  • シリコンの入っているゲルを選ばない
  • 塗った後は擦ったりせず、ハンドプレスでなじませる。上からメイクするときも擦らない

シリコンの入っているゲルを選ばない

毛穴を埋めるタイプの下地を使ったら、上からメイクをしたときに下地がぽろぽろ落ちてきたという経験はありませんか?

そういったタイプの下地にはシリコンが入っており、それが毛穴を埋めてつるんとした被膜を作りだします。

しかしその反面、強く擦ると被膜がよれてぽろぽろ落ちます。

 

シリコンの入っているオールインワンゲルは、塗るとつるんとした独特の被膜感があります。

初めにゲルを選ぶ時点で、シリコンやポリマーの入っているゲルを選択肢から外すというのはひとつの手です。

 

また、中にはマッサージにも使えるタイプのオールインワンゲルもあります。

そういうゲルはマッサージをすることを前提に作られているので、こすってもカスになりづらいんですよ。

 

それでも、やっと見つけた愛用のゲルにはシリコンが入っている。

カスが出る以外は気に入っているから、変えたくない。

それならば、塗り方を工夫しましょう。

 

塗った後擦らずにハンドプレスでなじませる

カスが出る原因には、肌にゲルがなじむ前にこすりすぎること、またなじませようとしてマッサージするように入れ込んでしまうことがあります。

化粧水と違って、肌にすっと入り込んでいくわけではないので、肌の上に残るぺたぺた感が気になるかもしれません。

 

そういった時は、擦らずにハンドプレスでなじませるのが一番です。

均一にゲルを伸ばした後、頬を手で包み込むようにしてあたため、角質層への浸透を促します。

「朝にそんな暇ないよ!」という声が聞こえてきそう。

その場合は、食事の前に塗ったりして、すぐメイクしないようにします。

 

また、メイクするときも、ファンデーションをパフで強めになでつけるのではなく、

指でそっと塗ったり、パウダーファンデーションやルースパウダーなら毛足の長いパフやブラシでつけてみると、ゲルの被膜を壊さないで済みます。

 

ちなみに、ハンドプレスでなじませるのは、オールインワンゲルを使う時に限らず、すべてのスキンケア、ボディケアに使える手なので覚えておくとお得ですよ。

 

2.朝に使えるオールインワンゲルを選ぶ

現在のスタンダードは年中UVカットコスメを使うことです。

紫外線の害がよく知られてきた今、慎重な人は冬でも弱めの日焼け止めや、UVカット機能のある化粧品を使っているんです。

 

でも、オールインワンゲルを塗り、日焼け止めを塗り、そして上からさらにメイクをするというと、意外と時間もかかるしゲルで作った被膜を壊してしまいやすくなります。

 

ならば、日常使う日焼け止めの効果もオールインワンゲルに入っていてほしい、ですよね。

オールインワンゲルの中にも、UVカット効果があるのがたくさんあります。

「朝のオールインワン」「UV」などの言葉があるゲルを選ぶといいでしょう。

 

ただ、UVカット効果のあるゲルは、

本来日焼け止めに入っているような成分も入っています。

つまり、「夜には落としておいたほうがいい成分」が入っているということ。

 

なので、このタイプのオールインワンゲルは、朝だけの使用にとどめておいたほうがよいです。

夜は夜で、美容成分豊かな、肌を休ませるタイプのオールインワンゲルでケアしましょう。

 

朝と夜でゲルを使い分け、オールインワンゲルの達人を目指してもいいかもしれませんね。

 - オールインワンゲル