コスメゲル

オールインワンゲル情報局

化粧下地効果のあるオールインワンゲル。夜使っても大丈夫?

      2016/03/20

オールインワンゲルのいいところは、特に朝の忙しい時間に

基礎化粧から化粧下地までがこれひとつだけで済んでしまうことですよね。

化粧下地まであるので、その上からメイクすることも可能なわけです。

 

そして、同じオールインワンゲルを使って、

夜お風呂上りや寝る前にもスキンケアをします。

美容液やパックも兼ねているならば、たっぷり塗って寝ることも。

 

さて、ここで疑問。

「化粧下地の役割があるものを、寝るときに肌に塗って大丈夫?」

 

答え。

ほとんどのゲルは塗って大丈夫です。

 

というのは、オールインワンゲルに含まれる化粧下地の役割は、

肌の補正をするものというよりも、肌を整えるためのものだからです。

 

化粧下地というと、一般的にはパールで光を加減したり、

毛穴を埋めたり、肌色のムラを均一にするようなものを指します。

 

しかし、オールインワンゲルでいう「化粧下地」は、

そのように積極的に肌をきれいにする役割ではなく、

その後に塗るファンデーションなどがキレイにつくように肌の状態を整え、

ファンデーションなどの刺激から肌を保護するもの。

どちらかというと、ベースとしての化粧下地そのものより、

単体のクリームや乳液、美容液に近いと考えてください。

 

逆に言えば、オールインワンゲルに肌のムラなどを補正するなど、

ベースメイクとしての効果を期待しているならば、それは違います。

それならば、目的に沿った化粧下地、

例えばコントロールカラーなどをオールインワンゲルの上に使いましょう。

 

もうひとつ。

「ほとんどの」ゲルは塗って大丈夫と書きました。

というのは、夜に使ってはいけないオールインワンゲルも、あるにはあるのです。

 

それは、「UVカット効果のあるオールインワンゲル」です。

UVカット成分、つまり紫外線散乱剤などは、

もともと肌に負担をかけるものです。

日焼け止め、普通は塗ったまま寝ませんよね。

 

ですからUVカットを謳うオールインワンゲルは、

夜のスキンケアに使ってはいけません。

朝そういったオールインワンゲルを使っている場合は、

夜は別のスキンケアコスメを使いましょう。

 

まとめ

「化粧下地」の役割があるオールインワンゲル。

基本的には、夜のスキンケアに使ってしまって大丈夫。

ただ、しっかりきれいにベースメイクをしたいときは、

目的に合った化粧下地を使うことも大切です。

 

そして、UVカット効果のあるオールインワンゲルを使っているならば、

夜に使うものはまた別の品物を使いましょう。

 - オールインワンゲル