コスメゲル

オールインワンゲル情報局

オールインワンゲル、果たしてどうなの?

      2016/03/19

オールインワンゲルは、忙しい現代女性にぴったりのスキンケア。

しかし、今までのライン使いのスキンケアから

オールインワンゲルに切り替えるのって、けっこう勇気がいりますよね。

特に、今までずっと愛用してきたラインがあるならなおさらです。

 

初めてオールインワンゲルを試そうと思っている方が持つであろう疑問を挙げてみます。

  • きちんと保湿できるのか?
  • 美白なら美白、エイジングケアならエイジングケアがきちんとできるのだろうか?
  • 続けて使って問題ないのか?

もっとあるかもしれません。

 

ただ、スキンケアを変えるときは、現状維持か、

あるいはそれ以上の効果を求めて変えるものです。

オールインワンゲルに変えるのに「手抜きをする」という印象を持つかもしれませんが、

「手抜き」にならないための「コツ」を押さえれば、

きっとぴったりの1本に出会えるはずです。

 

きちんと保湿できるのか

結論から言えば、「できます」

 

ただ押さえておくべき点が2つあります。

それは成分使い方

 

スキンケアコスメを選ぶときに、成分の知識があって困ることはありません。

別にすべての成分を知る必要はありませんが、

何が美白で、何が保湿か、そしてよく耳にする成分はどんな働きがあるのか、

そういったことを知ることは意義があります。

逆に製品が自分に合わなかったとき、

同じ成分が含まれるものを避けることもできますから。

 

保湿力にたけたオールインワンゲルを選びたいならば、

「ヒアルロン酸」「グリセリン」「セラミド」などの入ったゲルを選びます。

 

また、化粧品の全成分表示は、含まれる成分が多い順に並んでいます。

ですから各成分の位置づけによって、

肌の状態をよく保つことにどれほど力を入れている製品なのかわかります。

 

そして使い方

 

オールインワンゲルは、たいていの場合、

マッサージをして「すり込む」のには向いていません。

むしろすりすぎることによってカスが出てきたりするほうが多いうえに、

こすりすぎはそもそもダメです。

 

オールインワンゲルをうまく使うコツは、「ハンドプレス」

肌表面を暖めて血行を促すことで、角質層まで浸透します。

 

オールインワンゲルを使い始めると、

その浸透しなさに焦ってマッサージなどしがち。

それはゲルで被膜を作っているからなので、

そこでこすってしまうと被膜が壊れて本来の力を発揮できなくなります。

ですから、今までのライン使いの感覚は捨てて、じっくり待ちましょう。

それでも、ライン使いしてきた化粧品をすべて浸透させる時間よりは、短いはずですから。

 

美白、エイジングケアなどに特化したケアはできるのか?

これも結論から言えば「できます」

ただ、特に美白に関していえば、成分をきちんと吟味することです。

「美白」と謳っていても、医薬部外品でない、有効成分を含んでいない製品はそれなりです。

 

例えば美白ならば、「アルブチン」「ビタミンC誘導体」などが代表的な有効成分です。

アンチエイジングは医薬部外品になるような有効成分がないのですが、

通常の化粧品でもプラセンタなどを配合したものを選ぶといいでしょう。

 

ライン使いの場合はその成分を少しずつ重ねて入れることができるのですが、

オールインワンゲルは1回だけ塗るものです。

あえて言ってしまえば一発勝負

 

もうひとつは、オールインワンゲルをドラッグストアなどだけでなく、

通販の会社で選ぶのも一つの手。

通販の会社はそれぞれ、個性を持ったオールインワンゲルを出しています。

意外と隠れた名品があるかもしれません。

それでも通販は心配というならば、

今後良心的な会社の選び方をアップする予定なので、もうしばらくお待ちください。

 

続けて使っていて問題ないのか?

通常化粧品はすべて、特に肌に変化を加えようとするものではないので、問題ないです。

というか、肌に変化が起こるほどのものは、

化粧品ではなく医薬品の範疇になってしまいますから。

 

おそらく最も心配されることは、

使っていくうちにやっぱり保湿が別に必要になることでしょう。

その場合は、まずは使い方を見直すこと、

さらにそのゲルをパックとして使ってみることをお勧めします。

多くの製品では、パックとしても使えると謳っています。

 

そしてオールインワンゲルは究極の時短アイテムなのですから、

お風呂から上がって顔を拭いたタイミングでささっと塗ってしまう。

通常のケアでもお風呂上がりの直後にするのと、

時間がたってからするのとでは感覚に違いが出ますよね。

水分がまだ肌にとどまり、血行がいい間にするほうが、

よりオールインワンゲルの本来の力を引き出せます。

 

それでも難しいならば、別のゲルを使うなり、ライン使いに戻すなり、

化粧水を併用するなりして、自分に合うようにしてしまいましょう。

いくらでもアレンジしてしまって大丈夫です。

 

現在流通しているオールインワンゲルは、

一昔前と違って浸透も保湿もしないただの被膜ではありません。

じっくり探せば、お気に入りの1本が見つかるはずです。

オールインワンゲルで、余裕ある楽しい生活を見つけましょう。

 - オールインワンゲル