コスメゲル

オールインワンゲル情報局

オールインワンゲル、他のスキンケアと併用しても大丈夫?

      2016/03/19

オールインワンゲルは、その名の通り「全てが1つになった」スキンケアコスメです。

その定義はメーカーによっても違いますが、

たいていは「化粧水」「乳液」「美容液」

「クリーム」「化粧下地」「パック」の役割を果たしています。

では、使っているゲルが物足りないと感じた時に、

他のスキンケアと併用することはできるのでしょうか。

 

本来は、すべてが1本でできるというのがオールインワンゲルの強みですよね。

でも、それは裏を返してしまえば器用貧乏とも。

配合する成分の関係上、どうしても限界があるのです。

そこを、他のスキンケアコスメで補っても大丈夫なのか、気になりますよね。

 

結論から言えば、「順番さえ守れば、大丈夫」です。

通常のスキンケアで「化粧水→美容液→乳液→クリーム」という順番で塗るところを、

1本で済ませるのがオールインワンゲルです。

つまり、保湿の役割も蓋の役割もできるように、水分と油分が混じっています。

 

だから、

「オールインワンゲルよりも水性のコスメは前、油性のアイテムは後」

が正しい順番です。

では、一般的なスキンケアコスメごとに、一緒に考えてみましょう。

 

化粧水

化粧水は、オールインワンゲルよりは前につけます。

オールインワンゲルの最大の弱みは、

水分の補給が少なく保湿しないことだという意見があります。

ですから、水分を補うためには、

ふたの役割をするオールインワンゲルより前につける必要があります。

 

ただ、「保湿が足りない」という理由だけで化粧水を足すのならば、

なるべくシンプルな成分の化粧水を選んだほうが相性もいいかも。

オールインワンゲルには、美容成分がたくさん含まれています。

ですから、化粧水でもあまりにもリッチなものを使うと、

肌に負担になってしまうことがあります。

 

美容液

ここがあいまいな点で、使っているオールインワンゲルや美容液の形状にもよります。

ですが、基本的にはオールインワンゲルの前がいいでしょう。

 

オールインワンゲルの中には、ほとんど液体に近く、透明でさらさらした物があります。

そういう製品の場合は、水分が非常に多いので、

ジェル状化粧水とみなしてそのあとに美容液を使っても大丈夫です。

見た目が白っぽい乳化したオールインワンゲルや、

油分が多くクリームに近いオールインワンゲルならば、それよりも前に使いましょう。

 

乳液

乳液を使うタイミングは、使っているオールインワンゲルの油分の多さ

あるいは被膜感の強さにもよります。

しっかり被膜を作るタイプのオールインワンゲルは、

塗ってしまった後他のコスメの浸透を妨げます。

そのようなタイプなら先に乳液を使いましょう。

 

クリーム

クリームは肌を保護する膜の役割をし、水分の蒸散を防ぎます。

ですから、これはオールインワンゲルよりも後に使うのが正解です。

 

オールインワンゲルの「ふた」の役割が足りないと感じるときに、

クリームを補うのは理にかなっています。

ただすりすぎるとゲルの層がはがれてかすになってしまいますので、

手に広げてそっと顔を包むようにつけるのがコツです。

 

パック・マスク

通常化粧水の後に使ったりするシートマスクやパックは、

オールインワンゲルより前に使います。

パックに含まれている美容液は、ほとんどの場合水性で、

保湿をしつつ肌にじっくり浸透させるもの。

なので、水分の多い美容液を補っているのと同じと考えて、

マスクの美容液をなじませてからオールインワンゲルを塗りましょう。

 

ここに注意!

そして最も心配なのが、他のスキンケアコスメとオールインワンゲルの相性です。

そこで大切なのは、

  • ゲルの直前に塗るコスメをしっかりなじませてからオールインワンゲルを塗る
  • オールインワンゲルの上にコスメを重ねるときは、こすらないでハンドプレスでつける

こと。

この2つを守ることで、かすがかなり出にくくなります。

きちんとコスメの実力を引き出すためにも、

スキンケアコスメとオールインワンゲルを併用するときは、

「なじませる」「ゲルの被膜を壊さない」ことを意識しましょう。

 - オールインワンゲル