コスメゲル

オールインワンゲル情報局

オールインワンゲルの上手な使用方法―ゲルの実力を引き出そう

      2016/03/19

オールインワンゲルを使ったことがあるけれど、

うまく使えなかったという理由で断念したことはありませんか?

オールインワンゲルにつきものの欠点は、こういうものがあります。

  • 塗りこんでいくうちにかすが出る。あるいは、上からメイクするとかすが出る。
  • うるおいを感じない。
  • べたつきがいつまでも消えない。

 

実はこれらの欠点は、使用方法を工夫するだけで、

大幅に減らすことができることを知っていましたか。

 

オールインワンゲルの特徴として、

「うるおいを閉じ込めたゲルが肌の上で被膜を作り、

ゆっくりと角質層まで成分を浸透させていく」

というものがあります。

 

つまり、この特徴を理解せずに間違った使用方法をとると、

結局はうまく使えないまま使用をあきらめてしまうことにもなります。

この特徴を頭に入れて、どうすればそれぞれの欠点を克服することができるか、考えてみましょう。

 

かすが出る

結論から言ってしまうと、かすが出るのは「こすりすぎ」が原因です。

オールインワンゲルの特徴で「被膜を作る」というのがありますが、

その被膜が壊れてしまってぽろぽろしたかすになるのです。

 

では、なぜこすってしまうのでしょうか。

  • なかなか肌の上でなじまないから
  • ゲルを塗ってすぐベースメイクを始めてしまう
  • 化粧下地やファンデーションを塗るときに力を入れすぎている

というあたりが原因になりますね。

 

肌の上でなじまない

なかなかなじまないのは、ほとんどのオールインワンゲルについてそうです。

化粧水がすっとなじむような感覚でい塗ると、

オールインワンゲルはなかなかなじまないように感じるもの。

 

でもオールインワンゲルはまず肌の上で被膜を作るため、

塗ってしばらくは肌の上に残っている感覚が残ります。

そこで焦ってマッサージでなじませようとすると、

せっかくできかけてきた被膜が壊れてかすになってしまうのです。

そうすると、オールインワンゲルが台無し。

 

なじまない時の正しい使用方法は、「ハンドプレス」

手のひらでそっと肌を包むようにして、落ち着かせましょう。

 

ゲルを塗ってすぐベースメイクを始めてしまう

朝時間がない時に、よくやりがちな間違いです。

オールインワンゲルという時短アイテムを使っているのに、意味がない!

と思うかもしれません。

しかし、オールインワンゲルを塗った後すぐにベースメイクを始めてしまうと、

被膜が中途半端にできた状態で「塗る」という力が加わってしまうため、

ゲルの層がはがれてかすになってしまうのです。

 

メイク前の正しい使用方法は、「量を減らして、時間を置いてからベースメイクを始める」です。

あるいは荒業として、「化粧下地やBBクリームに混ぜて使う」という方法もあります。

朝起きたらまず洗顔してゲルを塗り、ハンドプレスして朝食を食べ、

歯磨きを終えるころにはゲルはなじんでいるはずです。

 

また、混ぜて使えばあまり考える必要はありません。

ただ、使うアイテム同士の相性もあるので、自己責任で行ってください。

 

下地やファンデーションを塗るときに力を入れすぎている

朝、オールインワンゲルの後に、

リキッドファンデーションを使ったり、化粧下地を使ったりしていますか。

そういったアイテムを指で塗っている人は多いでしょうが、

この時に力を入れていると、せっかく肌の上に作ったゲルの被膜を壊してしまいます。

それに、こすりすぎはそもそも肌によくありません。

 

化粧下地やファンデーションをゲルの後で上手に塗るコツは、

まずは点状に肌に乗せ、力を入れずにスーッと伸ばすことです。

そして足りない部分には、少しずつ叩き込むようにのせるのです。

 

また、パウダーファンデーションを付けるときも、

付属のパフで強くこすると、やっぱり被膜がはがれてしまいます。

 

管理人のおすすめは、パウダーファンデーションやルースパウダーをブラシでつけること。

そのほうが均一にふわっとつきますし、

毛穴をぼかしたエアリーな仕上がりになります。

 

うるおいを感じない

うるおいを感じないのは、オールインワンゲルの特徴として

「ゆっくり美容成分を浸透させる」から。

また、保湿とふたを同時にする以上、

配合できる水分量にも限界があるというのが実際のところです。

 

スキンケアをするのに一番適しているのは、

肌が湿っていて汚れなどがあまり蓄積していない、洗い立ての状態です。

つまり、朝で言えば洗顔直後、

夜で言えば血行もよくなっているお風呂上がりです。

ですから、この「ゴールデンタイムに確実に使う」のが、

オールインワンゲルの良さを引き出す使用方法です。

 

オールインワンゲルは、時短アイテムです。

パパッと塗るだけ、長くても1分です。

 

とりあえず肌に乗っていれば、あとはゲルが被膜を作って

代わりにケアをしてくれるのがオールインワンゲル。

だからこそ、良いタイミングで確実に使うのがいいのです。

 

もうひとつは、保湿に特化したオールインワンゲルを使うのもあり。

オールインワンゲルはうるおわないというのは昔のことで、

今はずっとうるおいの続くオールインワンゲルが多いんですよ。

さまざまなところから情報を得て、ぜひお気に入りの1本を見つけてください。

 

べたつきが消えない

これも、オールインワンゲルの特徴「ゲルが被膜を作る」というところからくるものです。

そしてゆっくりと水分と美容成分を角質層に浸透させる構造上、

どうしても肌の上にいつまでも残ってしまいます。

べたつきを完全になくす方法はありませんが、

使える方法としては、このような使用方法があります。

 

規定量を一気につけず、2~3回に分けてつける

まず規定量の3分の1~半量程度を手に伸ばし、

その手で顔を包み込むように押さえてハンドプレスします。

そのくらいの量ですとすぐになじむので、

残りの量を手の上で伸ばし、再び顔を包み込むように押さえます。

ベビーパウダーをはたく

ベビーパウダーは、最近赤ちゃんに使うことはあまり推奨されていませんが、

大人にとっては使えるアイテムとして見直されています。

 

オールインワンゲルやクリームの上からベビーパウダーをはたくと、

毛穴もふわっと隠れて肌に優しいルースパウダー代わりに。

ファンデーションのようにクレンジングする必要もありません。

 

ただ、この方法の欠点として、

べたつきは抑えられる代わりにゲルの水分をパウダーが吸い出してしまうので、

結局のところうるおいが足りなくなることが挙げられます。

どうしても塗ってすぐ寝たいけれどもべたべたするのが気になるときや、

肌の調子の悪い時のメイク代わりにとれる方法ですね。

 

まとめ

オールインワンゲルは様々な欠点が挙げられますが、

それも使用方法を工夫したり、ゲルを選ぶことでかなり軽減されるもの。

ですから、せっかく買ったオールインワンゲルを活用するために、

どうしたらうまく付き合えるか考えてみましょう。

 - オールインワンゲル