コスメゲル

オールインワンゲル情報局

美容液とオールインワンゲルは併用できる?―メディプラスゲルを使ってみた(3)

      2016/03/19

オールインワンゲルは、それだけで使えるのが最大のメリットです。

しかし、物足りない時にはやはり化粧水や美容液で補いたいものですよね。

 

管理人は以前からメディプラスゲルを試しているところで、

これまで単体での使用では特に不満はありません。

ただ「BLOOMBOX」で美容液を何種類か入手したので、

併用したらどうなるかと思い使ってみました。

 

美容液は基本化粧水の後に使うもので、

ちふれの美白化粧水(赤)→美容液→メディプラスゲル

の順番で使っています。

美白化粧水→メディプラスゲルで問題が起きないことは確認済み。

 

シュウウエムラ TSUYAエッセンス

見て感じる美しさ、触れて感じる美しさ両方のある肌には、

生き生きとしたつやが出ることから名付けられたこの美容液。

1回に2、3滴で十分とのことです。

Jpeg

 

画像で見るととろとろしていそうですが、

実際はさらさらした水様のテクスチャーです。

Jpeg

 

このエッセンスをハンドプレスでつけた後、

メディプラスゲル1プッシュをつけます。

化粧水で保湿しているので、ゲルを少し減らしました。

 

使ってみたところ、ゲルとの相性も悪くなく、普通に使えます。

肌がかゆくなったり、後に塗るゲルがカスになることもありませんでした。

翌朝も若干保湿力が落ちた感じはしますが、

おそらくメディプラスゲルを減らしたことでふたが弱くなっただけでしょう。

 

クラランス リフトアフィーヌ アイ・トータルVセラム

リフトアップといったらこれというくらい有名な、

クラランスのリフトアフィーヌシリーズ。

アイは目元用、トータルVセラムは全顔用です。

Jpeg

 

アイ(左)はさっぱり目の液体という触感です。

トータルVセラムは濃い目の乳液といった感じ。

トータルVセラムを、公式サイトで紹介されていた通りに

全顔にハンドプレスしたあと、

目の周りにアイをプレスし、その上からメディプラスゲルを塗りました。

 

しかしゲルとの相性が悪いのか、管理人の肌との相性が悪いのか、

トータルVセラムを塗った部位の一部がかゆくなってしまいました。

かゆくてこするとぽろぽろカスが落ちます。

メディプラスゲルでカスが出たのは初めてですが、

こすれば落ちるとはパッケージにもありましたし。

 

ひょっとしたらこっくりしたテクスチャーのものはリッチになりすぎて、

あまり相性が良くないのかもしれません。

ただこれは個人差もあると思います。

 

そして翌朝も結構肌が乾燥した感じになりました。

ゲルの被膜をはいでしまったからかもしれません。

ただ毛穴は少し小さくなったように感じました。

アイを塗った部位はかゆくならなかったので、こちらは続けてみようと思います。

目元、明るくなるといいですね。

 

資生堂 アルティミューンパワライジングコンセントレート

18秒に1本売れているという評判の美容液です。

理想的なうるおいに整えるべく、独自の成分を配合し、

使用感や香りも400回の試作を重ねて開発した逸品です。

 

とりあえず、箱に使用量が書いていなかったので控えめに使ってみました。

これもさらさらした乳液状のテクスチャーです。

なじませてから、メディプラスゲルを2プッシュぬります。

これも今のところ、問題なく使えています。

肌にするっとなじんで、メディプラスゲルを塗るときにかすが出ることもありません。

 

まとめ

メディプラスゲルの公式サイトでは、

物足りない場合はその部位にピンポイントで重ね付けをすることが推奨されています。

アルコールやパラベン、香料などが一切入っていないので、

他社のそういう成分が入っている製品との併用は想定されていません。

 

ですが、もし併用するのなら、

浸透させるタイプの化粧水や美容液はメディプラスゲルの前に使うようにとの記述。

メディプラスゲルは被膜を作るため、そのあとに美容液を塗ると

あまり浸透しなくなってしまうことがあるからです。

なので今回は、美容液を塗った後ゲルで閉じ込めるという形にしました。

 

今回試した美容液のうち、

さらさらしたタイプの美容液は、特に相性悪くなくなじみます

メディプラスゲルの被膜と相まって、

美容成分も肌に一緒に閉じ込められるので肌の調子はいいです。

メディプラスゲル単体でも管理人は十分満足しているので、

たった1回の使用でそれより明らかにいいかと問われたら悩みますが。

 

ただこっくりしたリッチな美容液は、

美容成分豊かなメディプラスゲルとともに使うと重くなりすぎて、

肌に負担になるのかもしれません。

 

今回は美容液をメディプラスゲルとともに使いましたが、他のオールインワンゲルでも

肌の上で被膜になるタイプのゲルだと、ゲルの前に美容液を付けるのがベターでしょう。

 

またメディプラスゲルでカスが出るときは、やはりこすりすぎだと体感しました。

クラランスの美容液を使った時にかゆくなり、そこをこするとカスが出たのです。

これまでメディプラスゲルの上からBBクリームを塗ったこともありますが、

指に力を入れて擦らなければきれいに均一につきますし、

ゲルの被膜が壊れてカスになることもありませんでした。

 

結論から言えば、手持ちのオールインワンゲルで物足りなかった場合は、

他の美容液や化粧水などを使うのはありです。

ただ、オールインワンゲルを出しているメーカーの多くは化粧水なども出しているので、

相性を考えるならライン使いをするほうがベターです。

 

オールインワンゲルに変えるとそれしか使えないのではないか、

他の製品と併用すると肌トラブルになるのではないか、と思われるかもしれません。

化粧品は医薬品ではないので、そこまでシビアにならなくても大丈夫。

浸透しやすい順番を考えて、水分の上に油分、そして被膜の順番で

重ねることだけ念頭に置けば、十分併用は可能でしょう。

 

それでも、自分の肌のサインをよく見ながら使うことは大切です。

もし合わなかったら、勇気をもってどちらかを見切ることも必要です。

 - オールインワンゲル