コスメゲル

オールインワンゲル情報局

シートパックとオールインワンゲル、どちらを先に使う?

      2016/03/19

お手軽にスペシャルケアができるシートパック。

1枚当たり100円しないプチプラから、

ここぞというときに使えるデパブラシートパックまで、

様々なものが出ていて楽しいですよね。

 

管理人もたまに利用しています。

いろんな顔になれるお面みたいな楽しいものも、最近はありますね。

 

普段はオールインワンゲルでケアしていても、

どうしても肌の調子が悪い時、また重要な用事がある日の前の夜、

久しぶりに時間がゆっくり取れた時など、スペシャルケアをしたいときもあります

 

そういったとき、シートパックとオールインワンゲルは、

どちらを先に使えばいいのでしょうか。

 

その疑問に答えるために、ひとつ思い出してほしいことがあります。

それは、

「オールインワンゲルは水分補給とふたを同時にするもの」

ということです。

つまり、オールインワンゲルは「ふた」の役割を持っているのです。

 

シートパックは、必ずオールインワンゲルの「前」

ほとんどのシートパックの説明書には、「化粧水の後にお使いください」とあります。

つまり、それはほかの美容液や乳液、クリームより前に使うということです。

 

シートパックは「化粧水の後」

なぜシートパックを化粧水の後に使うのでしょうか。

乾いた肌に直接乗せたほうが、より多く水分と美容成分が角質層に浸透するのでは?

そう思いませんか。

 

シートパックを化粧水の後に使う理由は、

化粧水を使った直後が、肌が最も水分を蓄えているタイミングだからです。

つまり、シートパックを使った後の肌がとてもふっくら、プルプルになるのは、

それに含まれている水分や保湿成分もさることながら、

使うタイミングが計算されているからです。

 

後でオールインワンゲルを使うときも化粧水は必要

ここで、

「オールインワンゲルを使うのに、化粧水が必要なの?」

という疑問が浮かぶのではないでしょうか。

答えは、「必要です」。

その理由は、

  • 肌にしみこませた水分によって美容成分が肌に入り込みやすい
  • 水分がある状態のほうがバリア機能が安定するので、使った化粧品に対して刺激を感じにくい
  • 美容液や乳液などによって油分が供給されていないので、水溶性の成分が角質層に浸透しやすい

ということが挙げられます。

 

シートパックを使うとき、

化粧水でたっぷり潤った肌の水分に引き込まれて、

美容成分がどんどん角質層に浸透。

水分の蒸散も始まっていますが、たっぷり濡れたシートが肌の上に載っていることで、

蒸散を抑えられると同時に化粧水で潤いきれなかった分の水分も補給します。

 

もし化粧水を使わなければ、肌から水分が抜けてしまっている状態で

美容成分を浸透させようとするので、肌はまず潤いを得ようとします。

そうすると、シートマスクを外した後も十分に潤いを感じられなかったり、

水分が足りなくて刺激になったりすることもあり得ます。

 

この場合の化粧水は、高価で成分がいろいろ入っているものよりも、

シンプルな成分で水分を供給するものが理想。

化粧水を持っていないのなら、お風呂上りすぐのタイミングか、

あるいはお風呂で半身浴をしながらシートマスクをし、

そのあとすぐオールインワンゲルをつけるといいでしょう。

 

ただ、肌の調子は多少揺れ動きますから、肌の調子があまり良くない時に足すために、

シンプルな化粧水を持っておくことはおすすめです。

 

シートマスクを外したらすぐオールインワンゲルをつけるのがポイント

シートパックのパッケージに書いてある放置時間が過ぎるころ、

シートパックに含まれている水分もかなり減ってきます。

そこがシートパックの外し時。

あまり長く載せていると、逆にシートパックが肌の水分を吸い上げ、蒸散させてしまいます。

時間通りに外すようにしましょう。

 

シートパックを外した後、顔に残った成分をなじませ、

なじんだことを確かめてオールインワンゲルを塗ります。

シートパックに含まれていた美容液とオールインワンゲルの相性が悪い場合、

もろもろとしたかすが出てくることがあります。

ですから、シートパックを使った後は、オールインワンゲルを指で伸ばすのではなく、

まず手に広げてから、その手で顔を包み込むように塗りましょう。

 

これで、シートパックの成分を、ゲルの成分と一緒にゲルの被膜の下に閉じ込めることができました。

 

まとめ―ポイントは、「間をあけない」こと

シートマスクに限らず、ほかのスキンケアコスメとオールインワンゲルを併用するときのポイントは、

「なじんだら間をあけない」ことです。

オールインワンゲルの弱点は保湿。

間をあけずに美容液をつけたり、ふたとなる成分をつけたりすることによって、

水分の蒸散を抑えられるからです。

 

十分に肌を潤したらすぐシートマスクを載せる、

シートマスクを外して肌表面に残った成分をなじませたらすぐにオールインワンゲルを塗る。

ここがシートマスクの力も、オールインワンゲルの力もいかせるポイントです。

コスメの力を引き出すには、知識をもって正しく使うことが必要です。

 - オールインワンゲル