コスメゲル

オールインワンゲル情報局

「メルライン」でフェイスラインのニキビケアを始めよう

      2016/03/19

ニキビというと、青春の代名詞のようなものに聞こえるかもしれません。

中学生や高校生の時にTゾーンにたくさんできて困った記憶、ありますよね。

 

しかし、このニキビ、大人になってから再燃することもあるのはご存知でしたか。

思春期にはおでこを中心にできていたニキビですが、

大人になってからのニキビは主にフェイスラインやあごにできやすいんです。

 

なぜできる場所が違うかというと、

思春期のニキビと大人のニキビでは、できるメカニズムが少し違うからです。

 

思春期のニキビは、ホルモンバランスの変化から、

皮脂が過剰になって出てくるもの。

とくに、もともとオイリーに傾きやすい箇所が、

一時的に分泌過剰になってしまってニキビの原因となります。

もちろん誤ったケアで増悪することもあるのですが、

通常のケア、洗顔でいつかは落ち着いてくるのがこのタイプのニキビです。

 

大人のニキビはその逆で、肌がオイリーではなく乾燥肌に傾くためにできるのです。

もっと言えば、インナードライ肌ですね。

 

インナードライ肌は、保湿が足りないために起こります。

肌に水分が足りなくなるので、これ以上水分が出て行かないように

ますます皮脂が分泌され、皮脂が過剰なテカテカ肌に…

 

そこをオイリー肌と勘違いして皮脂をとりすぎるケアをし、

肌がどんどん弱っていくのがこのタイプの肌です。

 

ニキビの原因は、皮脂が過剰になった肌に細菌が繁殖し、炎症を起こすこと。

ただ、「なぜ皮脂が過剰なのか」を考えてケアをしないと望んだ結果にならないのが

ニキビケアの悩ましいところです。

 

大人のニキビはなぜフェイスラインにできるのか

混合肌の表現として「Tゾーンはテカテカ、Uゾーンはカサカサ」

という言い方をよく聞きますよね。

このUゾーン、つまりフェイスラインにできやすいのが大人ニキビです。

 

カサカサになりやすい、つまり乾燥肌に傾きやすいUゾーンは、

もともとは皮脂の分泌がそれほど多くなく、毛穴も小さい場所です。

ただ誤ったケアやストレスなどによって皮脂の分泌が増えると、

小さい毛穴では多くなった皮脂を排出させることがうまくいかなくなり、

すぐに毛穴が詰まってしまいます。

 

そうすると、詰まった毛穴の中で雑菌が繁殖し、炎症を起こし始めます。

これがフェイスラインにニキビができてしまうメカニズムです。

とくに、頬杖をついたり、考え事をするときに手をあごに当てたりする癖はダメ!

それが皮膚への慢性的な刺激となり、ニキビができてしまっていることも…

 

フェイスラインのニキビを防ぐには

フェイスラインのニキビを防ぐには、

「皮脂と肌の水分のバランスを整える」ことが極めて重要。

フェイスラインの毛穴の皮脂分泌が増えるのは、

ホルモンバランスや自律神経の崩れによるところもありますし、

また誤ったスキンケアにもその原因の一端があります。

 

いずれにしろ、「肌の水分=潤いが足りていない」状態になっているので、

皮脂が過剰分泌されてどんどんバランスが崩れます。

このときにしなければならないのは、油分ではなく「水分」を増やすこと。

つまり、適切な保湿です。

 

ニキビケアを考えたオールインワンゲルでスキンケア

とはいえ、ニキビができるメカニズムを考えてスキンケアをしないことには、

ニキビができやすい肌環境にはあまり変化がありません。

ですから、肌に刺激を与えず、余計な皮脂を除去し、

保湿成分を補給するスキンケアをしなければなりません。

 

「メルライン」は、保湿を第一にしつつ、

ニキビケアの観点から作られたオールインワンゲルです。

次にその特徴を見てみましょう。

10種類の保湿成分

3種のヒアルロン酸を含む10種の保湿成分で肌の角質層全体に潤いを送りつつ、

乾燥を防いだり抗菌作用のある成分を配合することで、

肌を穏やかに保湿しニキビのできにくい肌環境に近づけます。

 

さらに抗炎症作用が期待できるグリチルリチン酸ジカリウム

代謝を促進する作用が期待できる水溶性プラセンタで、

できかけた炎症を抑え込むと同時に代謝を促進し、

痕になってしまったところのケアまでできる製品です。

 

ニキビで気になるのは、今現にあるニキビよりも、

潰してしまったり治った時にできる色素沈着した痕ですよね。

管理人もニキビ痕はあるので、痕までケアしてくれる「メルライン」は

手厚いケアができてとても助かります。

 

ハリを補う成分で引き締まったフェイスラインに

「メルライン」に含まれている水溶性コラーゲンが角質層の隅々に浸透し、

水分たっぷりのうるうる肌を実現。

さらに、真皮の中にあるコラーゲンを破壊する酵素に働きかける成分も入っており、

コラーゲンによるハリの力をサポートし内側からふっくらした肌を長く保ちます。

 

殺菌作用があるといわれる「ティーツリー」の精油を使用

ニキビができてしまう原因は、皮脂で詰まった毛穴の中で細菌が繁殖してしまうからです。

そこで、ティーツリーの精油の力で細菌の繁殖を抑え

ニキビができにくい環境を維持するようにしています。

またティーツリーのシャープな香りには、

まるで森の中にいるようなリフレッシュ効果もあります。

 

まとめ

この「メルライン」は、成分から見て十分顔全体にも使えますし、

もし体にニキビができるようならそこにも使うことが可能です。

また、美白有効成分が含まれることから、

色素沈着に悩んでいる場所にも使えます。

 

さらに、購入後180日返金保証という、

かなり長い期間の返金制度が設定されています。

化粧品との相性は、ある程度長く使わなければわかりません。

ターンオーバーの周期が約28日、加齢によってもっと伸びているので、

180日とまでは言わないまでも長く返金保証があるほうが、

じっくり肌との相性を観察できて安心。

 

ニキビ肌に特化したオールインワンゲルは、

今までありそうでなかった商品ではないでしょうか。

オールインワンゲルは膜が張るのでニキビには悪そう…と感じるかもしれません。

でも、「メルライン」は殺菌、抗炎症作用を期待できる成分の組み合わせなので、

肌にじっくりそれらの成分が活躍してくれるはずです。

「メルライン」で手軽にスキンケアをしつつ、ニキビ肌とサヨナラしましょう。

 - オールインワンゲル