コスメゲル

オールインワンゲル情報局

馬プラセンタ入りオールインワンゲルで本気のアンチエイジング

      2016/03/19

代謝を高め、ターンオーバーを助けるという「プラセンタ」

プラセンタが何なのか、またそれがどんな働きがあるかをご存知ですか。

 

プラセンタとは、胎盤のこと。

哺乳類の胎盤からエキスを抽出したのが「プラセンタエキス」です。

 

胎盤は子宮内で胎児を育てるために非常に重要な臓器で、

アミノ酸、ビタミン、ミネラル、たんぱく質、脂質など、

様々な栄養素が含まれています。

また、胎児を成長させるための成長因子や遺伝子の修復などに関する成分など、

プラセンタは私たちの体を内部から力づける成分がいっぱい。

 

プラセンタの役割

このように、もともととても栄養豊富な臓器である胎盤は、

出産とともに用がなくなり排出されます。

それと同時に、人間以外の多くの動物では、

出産直後に胎盤を食べてしまいます。

食べることで産後の回復力を高める働きがあると考えられています。

 

人間でも、プラセンタが医療として使われた例は

紀元前のヒポクラテスまでさかのぼります。

意外と歴史があるんですね。

傷や炎症の早期回復に着目してとのことだと言われています。

 

日本でも、更年期障害や乳汁分泌不全にプラセンタ製剤が使われています。

また、美容目的での点滴にもプラセンタが有効なんだそうです。

 

たとえば抗アレルギー作用や代謝の活性化など、

プラセンタの持つ効能にはきりがありません。

プラセンタには今注目の成分成長因子も入っており、

注射で摂った場合には全身の細胞の活性化が期待できます。

 

また塗るだけでも美肌効果が期待できるとされ、

特に代謝を活性化してターンオーバーを助け、

シミ、そばかすを改善する美白成分としての役割を持っています。

 

プラセンタ入りのコスメの選び方

化粧品として使われるプラセンタエキスは、

大別して馬由来のものと豚由来のものに分けられます。

全く同じような方法で生成された原末で比べると、

馬は豚の約1.2倍のアミノ酸量を含むと言われています。

 

馬プラセンタと豚プラセンタ

全く同じ方法で抽出したと仮定した場合、

馬プラセンタと豚プラセンタではアミノ酸の総量が異なります。

ただ、馬プラセンタは豚プラセンタよりも高価な傾向があります。

その理由は、

  • 馬は豚に比べて出産数が少ないので、胎盤をとる機会も少ない
  • 馬のほうがトレーサビリティがしっかりした、サラブレッドから取れている

ただこれだけを見て馬のほうが豚よりもいいというわけでは必ずしもなく、

馬プラセンタをごくちょっぴりだけ配合した製品よりは

豚プラセンタをしっかり配合した製品のほうが、

プラセンタ本来の力を発揮できます。

 

ですが、馬プラセンタをしっかり配合した製品ならば、

安全性やトレーサビリティ、また機能面でも

豚プラセンタを使用した製品よりは上と言えます。

 

オールインワンゲルで馬プラセンタを手軽にしっかり取り入れよう

きちんと配合されているならば、サラブレッド由来の馬プラセンタを使用した製品は、

プラセンタを使用した製品の中でも高機能な製品だと言えます。

そんな馬プラセンタのサプリメントで人気を博してきた企業から、

満を持して馬プラセンタのオールインワンゲルが発売されました。

 

それが「キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ」

実はこの製品のメーカーは、「キレイ・デ・プラセンタ」という

馬プラセンタのみでできたサプリメントを作っているメーカーでもあります。

 

北海道のサラブレッドから胎盤を調達しており、

飼育の段階から徹底的に管理されている安全性の高い原料です。

まさに、プラセンタを知り尽くしたメーカーが開発したプラセンタコスメなんです。

 

馬プラセンタと馬由来の成分

全表文表示の上のほうに

プラセンタエキス(ウマ)、馬油、サイタイエキス(ウマ)

と出ています。

つまり美容成分としてほぼメインの成分として配合されています。

 

馬油は人間に近い性質の油脂で、

授乳中の乳首のケアにも使われるほど安全な成分なんですよ。

管理人も、今よりもっと敏感肌だった頃、馬油を使っていました(*^^*)

しっとりうるおうのにさらさらで、乾燥しないんです。

というのも馬のセラミドは人間の肌とも相性が良く、角質層まで浸透し肌を保護します。

 

サイタイエキスはヒアルロン酸を多く含み、保水力抜群の成分として配合されています。

また、胎盤と同じく栄養豊富な部分でもあるため、お肌にいい成分もいっぱい。

 

植物から取れた様々な成分

「キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ」は、

株式会社サティス製薬がこれまで開発した植物成分を配合しています。

収れん作用のあるモモ葉エキス

エイジングケア(年齢に応じたケア)のクコ果皮エキス

ビタミンA、Cや油性の美容成分豊かなウンシュウミカン果皮エキス

健康に良いと言われるビワ葉エキス

 

どれも日本の農家から調達している、育て方からしてこだわりの原料。

使うことで、日本の農業の活性化にもつながります。

 

さらに、この「キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ」を

ジュレのかたちにしている成分は、この製品にしか使われていない天然ゲルです。

このゲルは微生物の作る「バイオフィルム」を参考に作られたもの。

納豆の粘り気を作る微生物などを研究しました。

自然由来なのに浸透力が通常使われる成分の2倍で、

水分を保持しづらくなった肌に水分を与える役割を果たします。

 

肌にやさしい仕様

「キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ」は、

ポンプ式の容器なので非常に使いやすいです。

また、防腐剤、パラベンなどの肌に良くないといわれる成分が無添加で、

敏感肌の人にも使うことができます。

 

そして馬油や馬由来成分が多いので、原料臭が気になるかもしれません。

安心してください。

管理人も使いましたが、安心して使える無臭のゲルです。

 

まとめ

成長因子や豊富なアミノ酸量で、細胞の活性化が期待されるプラセンタエキス。

中でも馬由来プラセンタエキスをしっかり配合した製品は、

その機能性と希少性で高価になってしまいがちです。

 

しかし、馬プラセンタをたっぷり配合した

「キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ」ならば、

これ1本でスキンケアが完結します。

そして、プラセンタエキスだけでなく馬油やサイタイエキスなど、

馬のいいところを多く活用できます。

日本の農家から調達した植物成分と相まって、健やかな肌を作ります。

 

プラセンタは効果はとてもあるんだけど、高価でなかなか続かない…

プラセンタの素晴らしさをわかっているならば、

この「キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ」はおすすめです。

定期コースで購入すれば、1か月あたり約2千円

良質なプラセンタエキスをたっぷり使ったケアができます。

馬プラセンタでここまでのお得な製品は、管理人が知る限りなかなかありません。

 

内側から肌に力を与え、ハリのある美しさを保ちつつ、

国内の地域活性化にも役立てる「キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ」。

早速、プラセンタの素晴らしさをお得に体験してみませんか。

 - オールインワンゲル