コスメゲル

オールインワンゲル情報局

ニキビに悩む肌もオールインワンゲルで肌をいたわりケア

      2016/03/20

By: Amy

ニキビというと、青春の代名詞とも言われ、思春期だけのもの。

そう思っていたのに、大人になってもニキビができ続ける。

ニキビはできなくなっても跡がいっぱい残ってしまった…

 

なんで自分ばっかり?

なぜ努力しているのに、きれいにならないのだろう?

 

そういう思いで気分まで落ち込んでくること、ありますよね。

そのストレスで、ますますニキビも増えてしまいそうな感じです。

 

現在では皮膚科でも保険適用でニキビの治療を受けることができます。

しかし、根本的に解決するには、スキンケアの抜本的な見直しが必要です。

  • 保湿、特に水分補給をしっかりする
  • 水分を蒸散させない
  • ニキビに触れない、肌に負担をかけないケアにする

この3つが必要なのです。

水分補給と保持が必要な理由

ニキビは、分泌されすぎた皮脂が細菌の餌となり、

炎症をおこすために起こります。

つまり、皮脂分泌をある程度抑えなければなりません。

 

皮脂をコントロールするのに必要なのが水分です。

肌の中で水分が減ると、肌はそれ以上水分を蒸散させないために皮脂を分泌し、

肌の中に水分が正常に保持されるようになれば、皮脂の分泌が適正に近づきます。

つまり、水分を十分補給したうえで、それを蒸散させないでおく環境が必要なのです。

 

ニキビ肌のNGケアの典型として、よく

「頻繁に洗い過ぎ、スキンケアは化粧水のみ」という例があがります。

洗いすぎることによって皮脂を必要以上に取り過ぎるので、

肌が乾燥に傾き、まるでリバウンドのように皮脂が出てきます。

それに化粧水のみでは、水分の蒸散を止めることができません。

使う製品によっては、塗らないよりも水分が蒸散されやすいのです。

必要以上に触らない、負担をかけないケアにする

ニキビができるということは、ある程度肌が弱っていることを意味します。

スキンケアをする上で覚えておくべき、非常に重要なポイントは、

「スキンケアで肌を触るのも肌にとっては負担になる」

ということです。

 

ましてやニキビは皮膚の炎症です。

炎症の上からベタベタ触るのは絶対ダメ!

悪くなってしまう一方です。

 

ですから、スキンケアをするときに色々なコスメをニキビに塗り重ねたり、

隠すためにコンシーラーを上からガッツリ塗るのは、治るのを遅らせているだけ。

炎症を起こしている箇所にすべきことは、

「どうしても必要な最低限以外は、触らない」ことです。

さて、適切な保湿と触る回数の抑制、

この2つを両立できるニキビ肌さんのスキンケアに適した方法は何でしょうか。

それは、「オールインワンゲルを使うこと」です。

 

ニキビ肌にもオールインワンゲルをすすめる理由

ニキビ肌さんにこそオールインワンゲルをおすすめする理由は、

スキンケアで肌に触れる回数、上に塗るコスメを最低限に減らすことができるから。

炎症を起こしている肌の天敵は「触りすぎ」です。

触ること自体が刺激になるからです。

 

スキンケアがこれ1本で終わるオールインワンゲルに変えることで、触る回数が最低限になります。

オールインワンゲルの殆どは、肌にすり込みなじませるのではなく、

肌を覆うようにのばして終わりというタイプです。

ですから、通常のクリームを使うよりはるかに肌を触りません。

 

また、適切に水分とそれを保護する膜を与えることができます。

化粧水のみでは水分は蒸散する一方ですし、

油分の代わりにゲルの保湿成分で肌の中の水分を守ることができるからです。

 

ニキビ肌に特化したオールインワンゲルを使えば、

触りすぎることなく、必要なケアが1本で終わります。

 

ニキビ肌の人が選ぶべきオールインワンゲルは、

  • 抗炎症成分配合
  • 肌に負担をかけない成分組成
  • 代謝を促進する成分の入った薬用オールインワンゲル

です。

 

抗炎症成分配合

具体的に言うと、グリチルリチン酸ジカリウムがこれにあたります。

これは美白有効成分として、薬用化粧品、特に美白化粧品によく含まれます。

もともと肌荒れを防ぐ作用が期待できるほか、抗炎症作用も。

特にニキビの跡に悩む人にも、頭の隅においておいてほしい成分です。

 

肌に負担をかけない成分組成

繰り返しますが、ニキビは皮膚の炎症です。

炎症を起こしている箇所に、負担がかかるケアをするのは良くありません。

ですから、着色料や香料はもちろんのこと、

できれば肌に負担のかかりやすい防腐剤も避けましょう。

さらに、エタノールも肌の乾燥を促進する反面、

収れん作用もあるので毛穴をキュッと引き締めます。

 

代謝を促進する成分の入った薬用オールインワンゲル

これは具体的に言うと水溶性プラセンタエキスです。

プラセンタには豊富なアミノ酸が含まれ、

成長因子として代謝を促進する作用が期待されます。

代謝を上げると、新しい肌が再生されやすくなり、

色素沈着などの少ない健やかな肌を整えます。

 

まとめ

ニキビ肌の人は敏感肌の人と同様、積極的なケアをするよりも、

肌を守り育てるケアをまずは重点的においたほうが良いでしょう。

ただ美白ケアはニキビ肌の人と重なるところがあります。

それは、肌に炎症を起こさせず、刺激を与えないということです。

 

美白ケアの場合は肌への炎症が色素沈着の原因になりうるので、

抗炎症作用と代謝促進という結論になるのですが、

ニキビ肌や敏感肌の人は肌を守るという意味で刺激を与えないケアを心がけるのです。

だからこそ、触りすぎず適切な保湿ができるケアが重要なのです。

 

その「触りすぎず適切な保湿ができるケア」ができるのが、オールインワンゲルです。

1本で全部のケアが終わるので、様々なコスメを重ねることによる触り過ぎ、

多種多様な成分による刺激を与えるというリスクはなくなります。

なので、成分をよく見てニキビ肌に合うオールインワンゲルを選び、

負担をかけないいたわりケアでニキビフリーを目指しましょう。

P.S.

ニキビ用のオールインワンゲルで「エクラシャルム」という製品があります。

これは、今回勧めた「グリチルリチン酸ジカリウム」と

「水溶性プラセンタエキス」の両方が配合されているだけでなく、

植物エキスの力で肌に負担をかけずに保湿ケアができる製品です。
とくに、思春期が終わった直後の10代後半~20代の人で、

肌が揺らいでニキビができやすい人にはおすすめ!

 

定期の「ラクトクコース」で申し込むと、

初回が単品購入9800円の90%オフ、980円で購入できます。
その後2回めからは48%オフの5280円となります。

そして初回含む4回継続が条件で、この間は間隔の変更もできません。

 

30日間全額返金保証もついていますが、

「商品、パッケージ、明細書」の3つをとっておかなければならず、

また商品到着日ではなく「注文日起算」の30日です。

 

4ヶ月使うと肌の状態が上向いてきたという口コミもありますが、

実際に試すときはよく条件を確認してから購入してくださいね。

保証を使うこと前提ならば、初回は単品購入のほうがいいかもしれません。

 - オールインワンゲル