コスメゲル

オールインワンゲル情報局

馬プラセンタパワーでうるおいとアンチエイジング「キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ」

      2016/03/20

プラセンタといえば、代謝を促進し栄養を豊富に含む、美肌成分のエースです。

中でも馬のプラセンタは、人間の組成にも近く、かつ希少で質の高いのです。

そういった馬プラセンタを化粧品に配合している製品は少なく、

むしろサプリメントとして摂ることで、栄養を補給し肌を内側から改善すること

期待して利用されることのほうが多いようです。

 

「キレイ・デ・ボーテ」の販売元も、

もともとは馬プラセンタのサプリメントを販売している企業です。

どうすればより質の良い原料が採れるか、

また匂いがつきもののプラセンタを、いかに摂りやすくするかなど、

馬プラセンタのことを知り尽くしています。

 

この「キレイ・デ・ボーテ」は、サティス製薬さんの開発で、

馬プラセンタをオールインワンゲルとして製品化するのに成功しました。

上質なオールインワンゲルに馬プラセンタを入れることで、

どれほど素晴らしい商品だろうかと思い、早速取り寄せてみました。

 

では、使ってみましょう。

茶色い外箱です。

上品な色と装丁です。

DSC01059

 

中の容器も茶色です。

ポンプ式で使いやすそう。

スパチュラの処理をしないでいいぶん、管理人はポンプ派です。

DSC01066

 

メディプラスゲルと並べてみました。

量は同じです。

実はポンプを止める留め具の形状が違います。

 

メディプラスゲルのそれはポンプのゲルの出口をしっかり覆いつつ、

誤って押し込まれることを防ぐ構造なのですが、

「キレイ・デ・ボーテ」はゲルの出口は覆わず、

ポンプの押し込みを防ぐだけです。

個人的にはメディプラスゲルタイプのほうがホコリも避けられるため、好きです。

DSC01063

 

白いプルンプルンのゲルです。

フルーチェみたいにプルプルします。

Jpeg

 

手に伸ばすと、スッと浸透し、肌の表面はさらさらです。

ゲルの膜ができる感覚はなく、乳液に近い感覚です。

手の甲に塗ってこすりましたが、カスも出ません。

 

顔もささっと伸ばして終わりです。

プラセンタというと原料臭が気になるかもしれませんが、

プラセンタ独特の臭さはないです。

 

他の原料のにおいはします。

ごく軽くサラッと馴染み、ベタつきも気になりません。

 

感想とまとめ

率直に言って、「可もなく不可もなく」という感じです。

確かにベタつきがなくスルッと潤って、

しかも乾燥しないというのは素晴らしいです。

 

おそらく馬由来成分、特に馬油が入っていることで、

軽くてしっとり馴染む使用感を実現できているのでしょう。

しかもカスも出ませんし。

連用していないので、長期連用時の変化はわかりませんが、

プラセンタを実感できるか?と言われればNoです。

 

それでも、これも2ヶ月分約4千円という、

馬プラセンタを使った化粧品では破格の値段です。

プラセンタコスメを試してみたい人、

カスのでないオールインワンゲルを使いたい人にはおすすめです。

 - オールインワンゲル