コスメゲル

オールインワンゲル情報局

毛穴とくすみには肌本来の力を引き出す「青じゅる」で対処

      2016/03/20

「毛穴の開き」と「くすみ」は、女性の肌悩みの双璧と言ってもいいくらい。

年代と肌質にかかわらず、ボツボツが目立つ毛穴と

疲れや体調で起こる肌のくすみには、本当に頭が痛いですよね。

 

管理人は、若干敏感であること以外にはそれほど大きな肌トラブルがないのですが、

この「毛穴の開き」「くすみ」だけはいつも悩まされています。

 

しかしこの「毛穴の開き」「くすみ」をなくすには、

ある共通のキーワードが関わっているんです。

このキーワードにさえ気をつければ、すっぴんで外を歩けるとまではいかなくても、

それなりに綺麗な肌に見えるようにはなるほど。

 

そのキーワードとは、「肌の水分量」です。

 

何でもかんでも肌の水分量かよ、とお叱りの声が聞こえてきそうですが、

肌が水分をしっかり保持していることが、肌の健康を左右するんです。

透明感を失ってくすむのも、毛穴が開いてしまうのも、

すべてが「肌の水分が不足しているから」

 

しかし、美白やハリほど使う化粧品に左右されないのも、

「毛穴の開き」「くすみ」対策の難しさです。

 

それはどういうことかというと、

「やり過ぎスキンケア」「やらなさすぎスキンケア」の両方

毛穴の開きとくすみの原因になるからなんです。

 

そして大抵、私たちは「やり過ぎ」ています。

周りの肌の綺麗な人に、「スキンケアは何をやっているの?」と聞いたら、

「何もやってないよ!」と返ってきた経験はありませんか。

そういう人たちは、本当にシンプルなケアしかしていません。

 

それならば、普通にケアしているだけなのに、

なぜ「やり過ぎ」な状態になっているのでしょうか。

それは、「豊富すぎる美容成分」にあります。

 

リッチなケアをした時、逆に肌が荒れた経験には誰しもありますよね。

つまり、「やり過ぎスキンケア」は皮脂膜と角質層を弱らせてしまうんです。

むしろ、ケアはシンプルにして、肌の力も引き出して使うようにした方がいいのです。

 

天然成分で肌の力を引き出す「青じゅる」

そういうコンセプトで作られたのが、天然の美容成分で肌本来の力を引き出す「青じゅる」

 

女性のスキンケアは、現代からのものではありません。

古来から、世界中の女性たちは、

ハーブなどを使って肌を美しくする方法を身に着けてきました。

それはもちろん、日本でも同じ。

 

「青じゅる」は、日本で古来から使われてきた植物14種類を厳選し、

オールインワンゲルの中にたっぷり閉じ込めたのです。

それだけではなく、「青じゅる」には現代の美容成分も入っています。

 

「さっぱり」にはフラーレン、「しっとり」はEGFと、

最近注目されてきたアンチエイジング成分を配合しました。

天然の成分を活用しつつ、現代の技術もしっかり取り入れた、

いわば「ハイブリッド処方」なのですよ。

 

「さっぱり」と「しっとり」の肌志向に沿った成分

青じゅるには「さっぱり」「しっとり」があります。

その2種類の違いは、実は使用感だけではありません。

 

「さっぱりタイプ」は適度な保湿とハリを出す処方です。

加水分解コラーゲンとヒアルロン酸が配合されており、

過剰にならない程度の保湿を行います。

そして注目の成分が「フラーレン」

フラーレンは肌の活性酸素を除去する働きがあるアンチエイジング成分です。

 

活性酸素は、肌を弱らせる悪者

肌のハリのもと「コラーゲン」を分解する酵素の働きを促すのです。

年令を重ねるごとに減っていくコラーゲン量を守るためには、

活性酸素に適切に対処しなければなりません。

「さっぱりタイプ」は、使っていくうちに肌のハリが守られ、

みずみずしい肌を実感できるようになります。

 

「しっとりタイプ」は、保湿に特化した処方です。

「青じゅる」はもともとさっぱりタイプの方でしたが、

あとにこの「しっとりタイプ」が発売されました。

実は、管理人が見る限り、「しっとりタイプ」のほうが独自成分が多いのです。

 

「しっとりタイプ」にはコラーゲンやヒアルロン酸は入っておらず、

一般的に保湿成分として認識されるのはスクワランですね。

その代わり、「バラフエキス」「フラバンジェノール」「EGF」の3成分が入っています。

「バラフエキス」は、佐賀大学の研究から生まれた植物。

保水力が高い保湿成分として配合されていますが、他の美肌成分も侮れません。

  • きゅうりの3倍のミネラル量
  • トマトの3倍のレチノール
  • にんじんの6倍のビタミンK

と、たっぷり栄養を与えつつ、古い角質を柔らかくし肌をキレイにする効果が期待できます。

 

「フラバンジェノール」は、フランス南西部の海岸松のエキス。

ポリフェノールがたくさん含まれていて、ヨーロッパでは広く活用されています。

ハリと透明感をお肌に与えます。

 

そして「EGF」

上皮の修復に役立つ成分です。

日頃の肌への刺激によって起こる微細な傷を修復するのを助け、

健康な肌を保つとともに、お肌のターンオーバーを調整します。

 

感想とまとめ

日本で古来から使われてきた植物14種をぎゅっと閉じ込めた、

緑色のオールインワンゲル、「青じゅる」

さっぱりとしっとりの2種類があり、

さっぱりはハリを与え肌の疲れを防ぐ処方、

しっとりはしっかり保湿し肌を修復する処方になっています。

植物14種もさっぱりとしっとりで微妙に処方が違うんですよ。

 

管理人としては、使用感よりも肌悩みで

「さっぱり」と「しっとり」の選択をすることを勧めます。

「さっぱり」は、目立った肌悩みのない、どちらかと言うと若い人向け。

最低限の保湿と活性酸素を除去するフラーレン配合で、

植物成分の力で肌を維持していきます。

 

30代以上は、EGF配合の「しっとり」がおすすめ。

コラーゲンやヒアルロン酸という馴染みの保湿成分が入っていないため、

「ほんとうに大丈夫なの?」と思うかもしれません。

でも、「青じゅる」のコンセプトは「肌本来の力を引き出す」こと。

配合された独自成分で、肌を修復しつつ

自分で年齢肌に立ち向かえるようにするんです。

実際に、肌の水分量が2週間で1.4倍に上がったというデータも有ります。

 

どちらを使うにしろ、当初は全く潤いを感じないかもしれません。

でも、自分で肌が潤いを持つようになれば、

強いスキンケアに頼らなくても安定する健やかな肌になります。

 

もし不安が強ければ、30日返金保証制度を使いましょう。

条件は、「キャンペーンを使わず単品で1個だけを購入」することです。

2個セット、石鹸とのセットなどを買ってしまうと対象外ですから、ご注意ください。

 

そして、通販でも買いやすいのが「青じゅる」の特徴。

実は、通販につきものの「定期購入制度」がないんです。

まとめ買いで割引はありますが、

定期ではないので回数縛りや解約手続きとは無縁。

気軽に購入できるのがとても嬉しいですよね。

 

ただ試したい人も、ガッツリ使ってみたい人も、

「青じゅる」で本来の自分の肌を引き出しましょう。

 - オールインワンゲル