コスメゲル

オールインワンゲル情報局

原因を正しく見極めて、鼻の毛穴の黒ずみ対策!正しいイチゴ鼻撃退法!

   

 

鼻の毛穴は、比較的肌が綺麗な人でも悩ましいもの。

スキンケアのかいあって、頬はだんだん改善できていても、

鼻の毛穴だけはブツブツと黒ずみが残ったまま…

むしろ鼻が黒ずんでいるので肌が綺麗に見えない、と悩んでしまいがちです。

化粧で隠すにしても、黒ずみがひどければ隠すのが大変ですし、

毛穴がぱっくり開いていれば化粧の毛穴落ちの原因に。

ケアするのにもメイクでカバーするのにも悩ましい問題です。

 

ただ、「どんなに頑張っても一向に毛穴の開きや黒ずみが良くならない」と思っているのなら、

それはおそらく「努力の方向が間違っている」から。

つまり、あなたのその鼻の黒ずみの原因を、間違って捉えているからです。

 

その鼻の黒ずみ、原因は何?

鼻の毛穴が黒ずむのは、角栓が詰まることで毛穴が広がってしまうことの他に、

これらの原因があります。

  • 毛穴周辺への色素沈着
  • 毛穴周辺のの乾燥
  • 皮脂による毛穴周辺へのダメージ
  • 間違ったケアにより傷跡になってしまったもの

毛穴周辺への色素沈着

毛穴が気になって頻繁に肌を触ったり、

剥がすタイプの毛穴パックや角栓を押し出す器具を使ったことはありますか。

こうした人に起きやすいのが毛穴まわりへの色素沈着

 

こすったり剥がしたりする行為は肌への刺激となり、

刺激を受けた肌は、自分を守るためにメラニンを作ってしまいます。

それが毛穴に溜まってしまうと、

毛穴を本来よりも大きく黒く見せてしまい、全体的に黒ずんだ印象に。

 

毛穴周辺の皮膚の乾燥

角栓や皮脂のテカリが気になって、

メイクをしていない日ですら、

鼻だけはオイルクレンジングをしているということはありませんか。

実は、それが毛穴を余計に悪目立ちさせているのです。

 

オイルクレンジングは、本来肌に必要な皮脂まで取ってしまいます。

そうすると水分が蒸発して乾燥肌になります。

水分を失った肌はふっくらしたハリを失ってしぼみ

毛穴をふっくら隠すことができなくなってしまうのです。

 

皮脂による毛穴周辺へのダメージ

毛穴に詰まっている皮脂が酸化すると、

周辺の肌に負担をかけてしまいます。

これもまた肌をしぼませ、毛穴周辺が凹んで影ができてしまい、

黒ずみが余計に目立つことに。

 

間違ったケアによる傷跡

毛抜きなどで角栓を掘り出したり、爪でギュッと抑えて角栓を出すことが続くと、

それが毛穴まわりの肌の傷になってしまいます。

クレーターのようにボコっとへこんだ毛穴は、その傷が跡になったもの。

毛穴自体が凹んで影を作ることで、より深く鼻に影が出てしまいます。

 

できてしまった鼻の黒ずみを撃退しよう!

ここまでで、鼻の黒ずみがひどくなる原因を見てきました。

原因がわかれば、それに対するケアもわかりやすいですよね。

それでは、それぞれの原因に対するケアと、

絶対にやってはいけないNGケアを見てみましょう。

 

角栓対策

皮脂が固まってできたと誤解されやすい「角栓」。

しかしその正体は、「古い角質に皮脂が混じったもの」なのです。

なので、「オイルで皮脂を溶かして柔らかくする」というのはNG!

 

詰まってしまった角栓は、穏やかなピーリングで取るのが正解です。

古い角質を早く取り除き、ターンオーバーを正常にすることを助けるので、

色素沈着や傷跡になった毛穴にも有効ですよ。

 

ただ、やり過ぎは禁物です。

多くても週2回程度にとどめましょう。

 

色素沈着

色素沈着には、メラニンに働きかける美白化粧品が有効です。

とくに、ターンオーバーを正常にする働きのあるものを選ぶと、

メラニンの排出がスムーズに行くようになります。

 

肌の乾燥

乾燥には保湿が1番ですし、これが手っ取り早く状況を改善できる方法です。

皮脂を落とし過ぎないように穏やかなクレンジングをすることと、

肌の乾燥を防ぐためにセラミドを補う保湿という2本立ての対応が最適でしょう。

 

皮脂によるダメージ

皮脂が出すぎることについては、

やはり保湿で肌の水分保持力を助けることが根本的な解決になります。

ただ当面の解決として、朝はミルククレンジングなどで汚れを落とす程度にし、

日中は化粧が崩れてきたらあぶらとり紙を使いましょう。

皮脂の取り過ぎは余計に皮脂が増える原因になるので、程々にします。

 

間違ったケアによる傷跡

これもまたターンオーバーを正常にするケアが1番です。

穏やかなピーリングで古い角質を剥がす一方、

正しい保湿で肌を守ることが肌が安定する近道。

しかし、あまりにもひどい跡になっている場合は、

コスメでのケアでは限界があるので、皮膚科や美容皮膚科に相談しましょう。

 

絶対にやってはいけないNGケア

毛穴に詰まった角栓と、黒ずんだ毛穴は気になるもの。

しかし、毛穴をさらに黒ずませる、絶対にやってはいけないケアがあるのです。

 

それは、

  • はがすパックや角栓を押し出す器具で、物理的にとってしまう
  • オイルクレンジングの使いすぎ
  • 顔を洗わないこと

です。

 

物理的に角栓を取る

このケアははっきり言って最悪です。

なぜなら、毛穴の周りの肌を傷つけて、

色素沈着や跡になってしまうからです。

角栓が抜けるのは確かに気持ちが良いですが、

ツルピカ鼻への距離はさらに広がってしまいます!

 

オイルクレンジングの使いすぎ

角栓の多くは古い角質=タンパク質からできているので、

オイルクレンジングを使ったところで角栓が溶けてなくなることはありません

また、オイルクレンジングの多くは強い界面活性剤を使っているため、

もし素肌で使っているのなら、

皮脂のとりすぎになるばかりか肌のうるおいを奪ってしまっています。

 

オイルクレンジングが必要なメイクをした時にはもちろん使ってOKですが、

ノーメイクの日にまで使うのは肌を傷めて乾燥させるので絶対にやめましょう。

 

もしどうしてもオイルでマッサージしたいのなら、

ホホバオイルなどのクレンジングでないオイルを使うことをおすすめします。

ホホバオイルは人間の皮脂にも似ていて、

油性の汚れを取りつつ肌を守る効能があるんですよ。

 

顔を洗わないこと

皮脂の「取り過ぎ」をしている人がいる一方、

「取らなさすぎ」もまた毛穴には良くありません。

皮脂は時間が経つと、外気の汚れや角質がまじり酸化していきます。

この酸化した皮脂は肌にダメージを与えます

 

なので、「適切に」皮脂を落とすケアはもちろん必要。

朝洗顔料を使うのに抵抗があるのなら、

ミルククレンジングなどでしっとり洗いあげましょう。

そして、汚れた皮脂を取り除いて適切な保湿をするのが1番肌にはいいのです。

 

まとめ

鼻の黒ずみというと、皮脂が原因になっているようなイメージが有ります。

しかし、鼻の黒ずみの原因は一つではありません

 

実は、原因は、間違ったケアにあることが多いのです。

物理的に角栓を押し出して周りの皮膚を傷つけたり、

皮脂を取りたいがばかりに強いクレンジングを使って肌を乾燥させたり、

逆に皮脂の取り過ぎを恐れて顔を洗わなすぎたり。

 

大事なのは間違ったケアをすぐにやめることですが、

同じくらい重要なのは保湿です。

肌を乾燥させないでおくことで、毛穴の周りの肌がふっくらして

キメが整い、毛穴を小さく見せます。

 

特にセラミドを補うコスメを使えば、間違ったケアによって減ったセラミドを補充でき、

ふっくら肌に変えていくことができるんですよ。

肌に優しいケアと保湿で、ツルピカ肌への1歩を踏み出しましょう。

 - 肌をキレイにしたい人のスキンケア講座