コスメゲル

オールインワンゲル情報局

インナードライ肌の改善にはセラミドがカギ!

   

肌を触ってみるとしっとり、むしろ皮脂が出すぎてベタベタしているくらいなのに、

肌の内側が乾燥してパリパリしているように感じること、ありませんか。

 

どんなに毎日保湿をがんばって、水分が逃げないように油分を補給しても、

一度乾燥した外気やエアコンに当たると肌がカピカピになって、しまいにはヒリヒリ。

メイクの上から使えるミストを吹きかけても、なお乾燥が収まらないこともありますよね。

そういった表面はベタベタ、内部はカサついている肌を、「インナードライ肌」といいます。

 

インナードライ肌の原因

インナードライ肌の原因は、ひとえに「肌の水分量が足りていないから」です。

「ちゃんと毎朝毎晩しっかり化粧水を使って保湿しているのに?」

という疑問が浮かんだかもしれません。

 

そうなんです。

しっかり水分も補給したはずなのに肌が内側から乾燥する、

つまり水分量が足りなくなる理由は、

「肌の水分保持力が落ちているから」

です。

 

このような場合、いくら水分たっぷりの化粧水をたっぷりていねいに浸透させたとしても、

肌がそれを保っておけないのですから意味がありません。

では、落ちてしまった肌の水分保持力を補うには、どうすればよいでしょうか。

 

インナードライ肌の保湿は「水分補給」ではない

水分保持力が落ちた肌というのは、さながら穴の空いたバケツのようです。

穴の空いたバケツに水がたまらないからといって、

さらに大量の水を注ぐようなことは誰もしませんよね。

むしろ、その穴を直してから水を入れるはずです。

 

インナードライ肌を改善するには、水分の補給ではなく穴を直す成分、

つまり水分を保持する保湿成分を補給する必要があるのです。

 

「保湿=水分補給」ではありません。

特にインナードライ肌さんにとって、「保湿=保湿成分の補給」なのです。

 

保湿成分にもいろいろありますが、肌が最も求めているのは「セラミド」です。

 

インナードライ肌が求める保湿成分は「セラミド」

保湿成分の中で、実際に肌にも存在し、

肌の水分保持に最も深く関わっているのは「セラミド」です。

 

セラミドは、肌の角質層にある細胞間脂質に含まれており、

層を作ってその中に水分を挟みこむ性質があります。

肌の水分保持だけでなく、バリア機能の維持にも関わっており、

一部研究ではアトピーの人で有意にセラミドの量が少ないことが明らかになっています。

 

ですから、肌が水分を保っておけない状態で放置するなら、

この先敏感肌へと変わっていく可能性もあるわけです。

セラミドを補給することによって、

肌に水分を保つ力を補いつつ、肌を改善していくこともできるのです。

 

もちろん他の保湿成分、例えばヒアルロン酸もとても重要です。

ヒアルロン酸は水分をそれ自体の中に抱え込んで逃さないだけでなく、外の水分も吸着。

セラミドとともに使うことで、セラミドの水分保持力をしっかり補ってくれます

 

ただ、どんなに肌に水分を補給しても保持がうまくいかないインナードライ肌さんには、

これ以上肌を荒らさないためにもセラミドを補給するスキンケアをするのが1番なのです。

それに、よほど自然派のコスメを選ばないかぎり、

ほとんどのスキンケアコスメにはヒアルロン酸が配合されています。

ヒアルロン酸よりもセラミドに着目すること、これがインナードライ肌の改善への近道です。

 

 

セラミドの入った基礎化粧品の選び方

ところで、セラミド配合をうたうスキンケアコスメはとてもたくさんあります。

しかし、選ぶ時点で注意すべき点が2つあります。

それは、

  • ヒト型セラミドを配合したもの
  • 水っぽいテクスチャーでないもの

を選ぶことです。

 

ヒト型セラミド

セラミド配合といえども、ヒト型セラミドと言われる肌に一番近い構造のセラミド以外に、

合成した擬似セラミド、植物性や牛乳由来のものがあります。

しかしここは必ずヒト型セラミドを選びましょう。

それ以外のセラミドは、ヒト型セラミドより性能が劣ります。

 

ヒト型セラミドは、「セラミド1」「セラミド2」などと、番号の付いているセラミドです。

セラミドは1~7までありますが、水分保持力に関してはどれもあります。

多くのコスメでは外部の刺激から肌を守るセラミド1、

シワをふっくらさせる機能のあるセラミド3が配合されています。

 

水っぽいテクスチャーでないもの

セラミド、中でもヒト型セラミドは特に、水に溶けづらい性質があります。

ですから、化粧水のようなテクスチャーのコスメの場合は、

配合するためにたくさんの乳化剤や界面活性剤が使われていたり、

あるいはごくわずかにしかセラミドが入っていなかったりします。

なので、セラミド入りのスキンケアコスメといえばクリームか、

重たいテクスチャーのものが理にかなっているのです。

 

インナードライ肌はセラミド入りオールインワンゲルで改善!

インナードライ肌を放置すると敏感肌へ傾く可能性がある以上、セラミド補給は絶対不可欠。

しかし水分も同時に補いたい私たちからすれば、

水に溶けづらいセラミドの性質はちょっと厄介ですよね。

 

その条件を同時に満たすのが、セラミド入りオールインワンゲル

ゲルに油性の成分を配合することで、セラミドをたっぷり閉じ込めておけます。

そしてゲル自体に水分とその蒸散を防ぐ膜を作る成分を配合しておくことで、

水分を肌にゆっくり与えつつ、外に逃さない構造を作ることができます。

 

しかし、オールインワンゲルを使う最大の利点は、

「肌に与える刺激が少なくてすむこと」

オールインワンゲルを使えば、スキンケアをするときの肌をこする行動が減ります。

コットンでパッティングしたり、すっと指で広げたりなどの行動を減らせるので、

肌への刺激が少ないのです。

 

するっとなじませるだけのオールインワンゲルは、水分をたっぷり与えられるだけでなく、

セラミドを入れておけて刺激を与えないという、

インナードライ肌の改善には最も適した方法なのです。

 

まとめ

どんなにスキンケアを頑張っても、

肌表面はうるおっているのに内側が乾燥してしまうのがインナードライ肌。

しっかり水分を与えているのに、なぜ内側はいつも乾燥しているのでしょうか。

それは「肌が水分を保つ力が落ちているから」

 

そして、その肌の水分保持力のカギを握るのが、セラミドです。

セラミドは細胞間脂質に含まれ、

水分保持だけではなくバリア機能にも関わる重要な保湿成分。

敏感肌の人では、セラミドが不足していることが多いのです。

セラミド、中でもヒト型セラミドを補うことで、

インナードライ肌が敏感肌へと進行する前に改善できる可能性があります。

 

そして水に溶けづらいセラミドを、水分と一緒に補えるのがセラミド入りオールインワンゲル

水分をじっくり肌に補給しつつ逃さないというゲルの特質を利用しつつ、

スキンケアによる物理的な刺激、こすったり伸ばしたりすることを減らすこともできるのです。

 

インナードライ肌の改善には、

「ヒト型セラミド入りオールインワンゲル」

が最善と言えるでしょう。

 

インナードライ肌には「メディプラスゲル」がおすすめ!

インナードライ肌さんが水分とセラミドを補える、

うってつけのオールインワンゲルが「メディプラスゲル」

セラミドが不足しがちな敏感肌用に作られたこのゲルは、

ヒト型セラミドを3種類含むだけでなく、それを合成の乳化剤なしで配合した、

肌に負担がかからない仕様になっています。

 

ややもすると敏感肌に傾きがちなインナードライ肌を改善するには、

肌に負担のないセラミド入りオールインワンゲルでしっかり保湿し守るのが1番。

 

私も使いましたが、肌の調子が悪くてもしみずに使えて

荒れも乾きもしないメディプラスゲルは、自信を持ってオススメできます。

特に、「オールインワンゲルなんてうるおうわけない」と思っている人ほど試してみてほしいお品です。

なぜなら、私もメディプラスゲルを使うまでは、

「オールインワンゲルなんて所詮うるおわない」と思っていたからです。

きっと驚きの潤い体験ができるはずですよ。

 - オールインワンゲル