コスメゲル

オールインワンゲル情報局

メディプラスゲルの使い方と注意点!ポイントは塗り伸ばさない・こすらない

   

 

敏感肌でも使えて、肌に優しくしっかり保湿をしてくれるメディプラスゲル。

テレビやネットで見かけて買ってはみたものの、イマイチ評判ほどの手応えを感じられなかったり、メイクの時にカスがポロポロでてしまったりしてうまく使えないという口コミもよく見かけます。

 

超敏感肌の人でも刺激を感じることなく使えて、しっかりうるおすことをコンセプトに作られたメディプラスゲルは、合成の乳化剤が入っていません。

ですから、他のオールインワンゲルに比べてカスがポロポロ出やすい処方になっています。

 

でも、メディプラスゲルの正しい使い方を守れば、カスがポロポロ出てくることは少ないんですよ。

使い方を詳しく見てみましょう。

 

メディプラスゲルの使い方と注意点 ~朝編~

メディプラスゲルを使っていてカスが出てしまうのは、ゲルが作った保護膜をこすって壊してしまうからです。

ですから、肌を「擦る」動作は絶対NG!

 

朝に使うメディプラスゲルの量は、1~2プッシュです。

これが1プッシュの量。

DSC01672

手のひらに塗り広げて、手から顔の肌にゲルを移すように顔を包み込みます。

細かいところは指で軽く抑えこむように塗りましょう。

 

そして、ほとんど時間をおかずに化粧下地やBBクリームを塗ります。

時間を置き過ぎると指でこする刺激でゲルの膜が壊れ、メイクごとカスになってポロポロ落ちるので気をつけましょう。

下地やBBクリームならば、メディプラスゲルに混ぜて塗ることもできます。

商品によって相性があるので、一度時間のあるときに確かめてから実行してくださいね。

 

ゲルが乾かないうちに塗るとむらになりそうと感じるなら、ゲルが肌に馴染んでから、ごく軽いタッチでメイクするようにします。

パフで全く力を入れないようにしてなでるようにつければ、カスになることはありません。

指で薄く伸ばそうとすると、ついつい力が入ってしまったり、ネイルをしているとうっかり引っ掛けてカスになることもあります。

 

パウダーファンデーションやルースパウダーを使うなら、ブラシでふわっとつけると毛穴もふんわり隠れておすすめです。

正しい使い方は、「少なめに使い、ベースメイクを力を入れずにする」ことです。

 

 

メディプラスゲルの使い方と注意点 ~夜編~

夜は2プッシュ~3プッシュ使います。

これは2プッシュの量です。

DSC01673
2プッシュだとしっかり目の保湿、3プッシュだと潤いの膜が肌を包むようになります。

使い方は朝と同じで、ゲルを手全体に広げて顔を包むだけ。

なじまないからといってくるくるとなじませようとするのはNGです。

なじませようとしているはなからポロポロ落ちます。

 

もしベタつきが気になったり、手に余り過ぎるならば首やデコルテまで手をすっと伸ばせばいいのです。

意外と首のケアは見落とされやすく、さぼってしまいがち。

顔はつやつやプルプルなのに首のシワはくっきりだるだるというのは逆に「若作り感満載」に見えるので避けましょう。

手に余ったゲルをさっと塗るだけでも、差は出てきますよ。

 

多少ベタつきは感じますが、時間が経つと徐々に肌になじんできます。

正しい使い方をすれば、ゲルの膜のパック効果で朝起きる頃にはしっとりプルプルのお肌に出会えるかもしれませんよ。

 

メディプラスゲルの使い方と注意点 ~オプション編~

どうしても肌の乾燥が気になるとき、もっぱら夜にはなりますが、メディプラスゲルをパックやナイトクリームのように使うこともできるのです。

半身浴中にパックする

使い方は簡単です。

洗顔後、メディプラスゲルをたっぷり肌につけて半身浴をするだけ。

これは3プッシュの量ですが、もっと多いほうがいいでしょう。

DSC01674

お風呂の蒸気で毛穴が開く他、血行も良くなり美容成分がより肌へと浸透しやすくなります。

ゲルのうるおいの膜が水分を吸着するため、よりしっとりしたお肌へと変わっていきます。

汗をかいたりして気になるならば、お風呂場から出る前に洗い流しても良いし、そのままにしておくのもよいでしょう。

 

ナイトクリームとしても使える

朝も晩もメディプラスゲルを適量使っているのになお乾燥を感じるときや、予定のある日の前の晩は、ナイトクリームのように寝る前にメディプラスゲルを塗り足すという使い方もできます。

通常のスキンケアに加えて、夜寝る前に2~3プッシュメディプラスゲルを塗るのです。

そうすると、翌朝までにゲルのパック効果もあって肌はふんわりツルツルに。

 

また、メディプラスゲルはボディにも使うことができます。

その際もマッサージはせず、塗ったらそっと服を着るだけでOK。

絶対に擦りこむように使わないことがポイントです。

 

正しい使い方、できていますか?

刺激が少なくお肌がうるおいを取り戻すメディプラスゲル

他社のゲルに比べてカスが出やすいという特性があるため、うまく使えず悩んではいないでしょうか。

 

メディプラスゲルの正しい使い方は、

  • メイク前は少なめ、夜は多めでもOK
  • 絶対にゲルの膜をこすらない
  • ハンドプレスをして肌に押し込むようになじませる

ことを守るのがポイントです。

 

朝は1プッシュ程度にして、上からのメイクを力を入れずに行うようにする。

夜は2~3プッシュ使うけれども、肌にすっとなじませたら後はハンドプレスだけか、触らずになじむまでおいておく。

 

私もたまにやってしまうのですが、ゲルが肌の上に残るのが気になってくるくるとなじませていると、一気にカスになってしまいます。

肌の上に広げて、ゲルが細かいところにも行き届いたら、後は放置するくらいの気持ちで使いましょう。

 

メディプラスゲルのカスの出やすさは肌へのやさしさゆえのことです。

正しい使い方さえできていれば、刺激を受けやすい敏感肌でももっちりうるおう肌になっていくことが実感できます。

 - オールインワンゲル