コスメゲル

オールインワンゲル情報局

トラブルにさようなら!肌がきれいになる正しいスキンケアは保湿から

   

 

スキンケアの基本は保湿から。

保湿がきちんとできていないお肌には、どんな素晴らしいコスメもその効能を発揮できない。

こういったことは雑誌やインターネットの情報サイトで繰り返し語られていますが、なぜ保湿がスキンケアの基本なのか、私たちは正しく理解しているでしょうか。

 

少なくとも、経験的にはなんとなくわかっているかもしれません。

たとえば、冬に乾燥してつっぱりや干からびを感じたり、生理中に肌が荒れてしまっている時には、せっかくの美白コスメがしみたり、いつもの化粧水ですらひりついたりしますよね。

そういうとき、保湿ができていない乾燥した肌では、美白やエイジングケアを思うようにできないと感じます。

なぜ保湿は、それほど重要なのでしょうか。

 

きれいな肌にマストなのは保湿ケア

保湿がスキンケアの基本と言われる理由は、保湿がきちんとできて初めて、肌がふっくらとし、バリア機能や水分を保持する力が整うからです。

逆に言えば、保湿がうまく行かず肌からうるおいが逃げてしまうと、バリア機能が低下してしまうのです。

 

角質層の中の20%~30%が水分であることが健やかな肌の状態です。

肌の水分が20%を切らないようにするのが、保湿の目的となるのです。

 

そしてもう一つ大切なことが、新陳代謝が活発であること、つまりターンオーバーの周期が整っていることです。

ターンオーバーの周期が整っていれば、多少ダメージを受けたとしてもすぐに修復が可能になるからです。

このターンオーバーも、トラブルのある肌では早すぎるか、遅すぎるかのどちらかになってしまいます。

早すぎれば未熟な細胞が直接外気にさらされることになるため、肌にダメージが起きてしまいますし、遅すぎればメラニンなどの排出がうまく行かなくなり、角質層が厚くなってスキンケアがうまく行かなくなったり、シミやくすみが発生したりします。

 

トラブルが起きないすこやかな肌を保つには、まずは保湿が重要なのです。

 

肌が水分を保っている仕組み

肌が水分を保つには、皮脂、天然保湿因子(NMF)、細胞間脂質の3つが関わっています。

皮脂は天然のクリーム

皮脂は汗と混ざって、天然のクリームとして肌を覆います。

そして水分の蒸発を減らすとともに、肌を摩擦から守るためのクッションとしても働いています。

 

ただ、皮脂の量は多くても少なくてもダメなのです。

多すぎれば肌への刺激となりますし、少なければ十分肌を守ることができなくなります。

皮脂の量を適度にコントロールすることが、スキンケアの1つのポイントです。

 

天然保湿因子は水分のタンク

肌の細胞がターンオーバーをする過程で生み出される天然保湿因子(NMF)には、アミノ酸や尿素など多種多様な成分が含まれています。

NMFには水分を吸着して蓄えておく性質があり、必要に応じて肌に水分を供給しています。

NMFが肌に十分存在していれば、肌に多くの水分を蓄えておくことができ、ふっくらもちもちとした健やかな肌を保つことができます。

 

細胞間脂質は水分と油分を層状に重ねて肌を守る

細胞間脂質は、角質細胞の隙間を埋めることで、肌からの水分の蒸発や外からの刺激をブロックする役割があります。

その構造は、脂質の層と水分の層が交互に重なる「ラメラ構造」。

十分な脂質と十分な水分が層を作ることで、肌をしっかり守るバリア機能となるのです。

何らかの理由で水分や脂質が不足してしまうと、このラメラ構造をうまく作ることができず、バリア機能が働かなくなります。

 

細胞間脂質を作る成分の約半分を占めるのがセラミド。

セラミドも、ターンオーバーの過程で生成される成分ですが、アトピーのある人ではこのセラミドを作る機能が正常に働かず、セラミドが健康な肌を持つ人の半分以下しかありません。

セラミド不足がバリア機能の低下を呼び、アトピーの発症の1つの原因となっていることがわかっています。

 

さらに、肌の角質層に含まれている水分の約80%が、この細胞間脂質に含まれています。

細胞間脂質がうまく働かなくなれば、肌の水分保持自体に大きな打撃を与えることになります。

セラミドを補給することが保湿のカギだと言われている理由はここにあります。

 

そのスキンケア、間違ってはいませんか?

間違ったスキンケアを続けていると肌のトラブルが深刻化してしまうことがあります。

そういったケアには、

  • 強すぎるクレンジングや熱いお湯で体を洗う
  • 化粧水だけでケアを終える
  • 肌をこすり過ぎる

というのがあります。

強すぎるクレンジングや熱いお湯はNG

必要もないのに強い洗浄剤を使うと、肌に必要な皮脂まで取り過ぎてしまい、肌が乾燥して余計に皮脂が出るようになってしまいます。

それだけではなく、熱いお湯や強いクレンジングは、皮膚の細胞間脂質まで洗い流してしまいます。

そうすると、肌を守る皮脂の膜だけでなく、バリア機能自体を洗い流していることになるのです。

 

ですから、メイクを落とすときは自分の肌やメイクにあったクレンジングを選ぶこと、またポイントメイクは専用のリムーバーを使い、顔全体に強いクレンジングを使わなくて済むようにすることが大切です。

また、熱いお湯につかったり、熱いシャワーをあびるのが大好きならば、その分保湿をしっかりして、流れでた皮脂やセラミドを補わなければなりません。

化粧水だけのケアは肌にはよくありません

皮脂の出過ぎが気になって、化粧水だけでスキンケアを終えてしまうことはありませんか。

実はそれは、肌にはあまりよくないのです。

 

化粧水を補うだけでは、補われた水分を肌が十分に保持しておくことができません。

肌が蓄えきれなかった水分は、そのまま蒸発していくことになりますが、その際に、もともと肌にあった水分までも奪ってしまうのです。

つまり、水分を補おうとして化粧水をつけたら、ますます水分が足りなくなってしまうということに…

肌のこすり過ぎは刺激です

クレンジングやマッサージの時、早くなじませたい、より効いて欲しいと思ってグイグイと肌をこすってしまうことはありませんか。

無意識のうちにやってしまいがちですが、この「こする」という刺激が肌のバリア機能をこわしたり、目に見えない程度の小さな傷を作ってしまったりするのです。

そうすると、肌が刺激をさらに受けやすくなるばかりか、小さな傷を治したり、刺激から自分を守ろうとして色素沈着をするようになってしまいます。

血行を良くするマッサージをしているのになんとなく肌がくすんで荒れてきた、という場合は、そのマッサージのやり方に原因があるのかもしれません。

 

 

正しいスキンケアで効果的に保湿を

肌の状態を立てなおしてきれいにするには、正しいスキンケアを実践する必要があります。

肌に塗るスキンケアコスメだけではなく、肌を洗うところから見なおさなければなりません。

正しい洗顔で肌のバリア機能を守る

肌の乾燥を気にして朝は洗顔をしないという美容法もあるにはありますが、刺激となるホコリや酸化した皮脂を取るには、最低限の洗顔は必要です。

ぬるま湯で洗い、皮脂が気になるところは肌に優しい洗顔料を使うようにしましょう。

 

メイクをしていたり日焼け止めを塗っている場合は、まずその落としやすさに応じたクレンジング料を使います。

ベースメイクはミネラルファンデと軽く、アイメイクはウォータープルーフのマスカラを使ったしっかりしたメイクの場合は、ポイントメイクリムーバーとせっけんやミルククレンジングなどという使い分けをしたほうが肌に優しいでしょう。

顔全体にウォータープルーフの日焼け止めを塗っているなら、それを落とせる強いクレンジング料が必要です。

 

そのあと、洗顔料で洗います。

その時、乾燥しやすいところは肌に泡を乗せる程度で、皮脂が気になるところは指が肌に触れない程度に泡を転がして洗うと適度に汚れが取れます。

正しいスキンケアで肌の機能を補う

スキンケアというと、水分と油分を補うという印象があるかもしれません。

しかし、本当に必要なことは、保湿成分を補うことです。

 

肌の皮脂や細胞間脂質は、洗顔によってある程度落ちてしまいます。

そのため、水分を補給するだけでなく、適切に油分を補給すること、また水分を肌に蓄えておくための成分を補給することが大切なのです。

 

化粧水を使う場合は、ヒアルロン酸やグリセリン等の保湿成分を含むもの、またNMFに含まれるアミノ酸などの入ったものを選びます。

エタノールの配合量が多い化粧水は、すーっとする感じが気持ちいいのですが、エタノールが蒸発するときに肌の水分も同時に持って行ってしまうので、常用は避けましょう。

 

そして、油分を補給する場合には、セラミド入りの乳液やクリームを使うようにしましょう。

細胞間脂質が蓄える水分は、肌の水分の80%を占めます。

乾燥していると感じたら、アミノ酸やセラミド入りのコスメに変えましょう。

 

オールインワンゲルを使う場合にも、配合されている保湿成分をよく吟味して選びます。

まずはヒト型セラミド(セラミド1、セラミド2というように番号が書いてあるもの)を選ぶこと、さらにヒアルロン酸などの保湿成分が入っているものを選びましょう。

 

オールインワンゲルにしろライン使いするにしろ、必要なことは保湿成分を補うことです。

単に水分と油分をしっかり補えばいいというのではなく、水分を肌に蓄えることができるようにすることが、きれいな肌になるための正しいスキンケアです。

 

まとめ―きれいな肌になるには保湿が必須!

スキンケアの基本が保湿だと言われるのはなぜでしょうか。

それは、肌がいかに水分をためておけるかが、バリア機能に深く関わっているからです。

水分をしっかり蓄えておけない肌は、バリア機能がうまく働かず、肌の水分を逃し、外気の刺激をかんたんに受け入れてしまう肌になってしまいます。

 

肌の水分保持に関わるのが、皮脂、天然保湿因子(NMF)、そしてセラミドを含む細胞間脂質。

中でも、水分を層のように蓄えておける細胞間脂質は、肌に蓄えている水分の80%を持っているのです。

 

しかし、これらの成分は、加齢によって減っていくだけでなく、洗顔によってどんどん減ってしまうもの。

ですから、適切な洗顔と、保湿成分を補うスキンケアの両方が必要なのです。

 

適切な洗顔とは、汚れを落として皮脂や細胞間脂質を落とさない、適度な強さの洗顔のこと。

熱いお湯や強すぎるクレンジングを使わないことが重要です。

一度落としすぎた皮脂や細胞間脂質は、適切なスキンケアをしたとしても1晩では回復しないからです。

 

そして保湿成分を補うスキンケアは、肌の中で水分を抱えておけるヒアルロン酸等や、細胞間脂質に含まれるセラミドを補うことです。

洗い流してしまった皮脂や細胞間脂質は、スキンケアで補わなければなりません。

ライン使いの化粧品を選ぶにしろ、オールインワン化粧品を選ぶにしろ、保湿成分をしっかり補える化粧品を選びましょう。

洗いすぎず、肌の水分保持を助けること、これがきれいな肌を取り戻す正しいスキンケアなのです。

 - 肌をキレイにしたい人のスキンケア講座