コスメゲル

オールインワンゲル情報局

40代、肌を老化させないエイジングケアとは?大切なのは乾燥対策!

   

cherry-blossoms-658947_640

40代に入ると、これまで消えやすかったシミが消えにくくなり、肌が明らかにたるみ始めて顔の輪郭が変わってきたり、毛穴が見えてきたりと、エイジングサインがはっきり見えてくる時期。

目尻のシワも一層深くなり、鏡を見るたびに齢をとったことを実感してしまうのもこの年代ではないでしょうか。

これまで肌悩みは少なかったとしても、40代に差し掛かるとシミとシワとたるみが同時に襲い掛かってくることもあります。

 

老化現象は、私たちの細胞に最初からプログラミングされていることでもあるので、ある程度は逆らえないもの。

しかし、私たちの日々の生活が、その老化現象を加速させている部分もあるのです。

肌の老化を加速させないためのケアがエイジングケアです。

加齢というものは仕方がない側面もありますが、それ以上に私たちが自分の肌の老化に手を貸す行動を辞める必要があります。

 

肌の老化を防ぐエイジングケアは保湿!

エイジングケアというと、目元用のアイクリームを塗ったり、エイジングケア用の化粧品に変えたり、レチノール配合のコスメでシワに働きかけたりという、スペシャルケアを連想するかもしれません。

しかし、老化への流れを少しでも緩やかにするには、シワやたるみなどの肌悩みへの対策ではなく、スキンケアの基本とも言っていい「保湿」にさらに力を入れることがもっとも重要なのです。

 

エイジングケアに保湿が重要な理由

エイジングケアにも保湿が重要になる理由は、乾燥が肌への天敵だからです。

言い換えれば、乾燥は最終的には肌トラブルを引き起こすものだからです。

 

乾燥を感じてしまっている肌は、現に水分と油分のバランスが悪くなっており、肌が必要なだけの水分をためておけない状態になっています。

そうすると、肌のバリア機能が乱れ、水分がますます蒸発しやすくなるほか、外からの刺激にも反応してしまうようになります。

乾燥肌の人で敏感肌持ちが多いのは、大きな理由が水分の蒸発なのです。

 

また、乾燥は小じわを作ります。

保湿によってケアされなければ、小じわがしっかりと肌に刻み込まれたシワになるのは時間の問題です。

 

そして、乾燥で肌のキメがしぼむと、毛穴がしぼんだ肌に広げられて目立ちはじめます。

肌のたるみが出てくると、それにしたがって毛穴も丸からしずく型になり、見た目が大きくなったようになってしまうのです。

しかし、しっかり肌が保湿されていれば、毛穴の周りの肌のキメがふっくらして毛穴をぼかしてくれます。

 

エイジングケアに必要な保湿ケアとは

エイジングケアに必要な保湿ケアは、保湿の基本である「肌に水分を保っておく成分を補給すること」です。

ですが、加齢が進んだ40代では、このことを以前よりも重要視しなくてはいけません。

なぜかというと、加齢によって肌は皮脂が分泌されにくくなり、肌をコーティングする力が弱まります。そして乾燥しやすい肌になってしまうからです。

 

皮脂分泌の低下と肌乾燥は50代以上によくある肌トラブルですが、50代になってからの対策では手遅れです。

肌が本格的に老化する40代から「保湿成分の補給」を意識しなくてはいけません。

皮膚の加齢が本格化するまえに、肌に水分を多く保てるようにケアすることで、刺激を受けづらい肌の下地をじっくり整えてていきましょう。

そのためには、セラミド配合の化粧品を使って肌の水分保持力を補いながら、特に乾燥しやすい部分には油分も供給していかなくてはいけないのです。

 

どれほどシワやシミのケアをしていても、乾燥を放置していれば、シワやシミのケアはうまくいきません。

それだけでなく、肌全体が乾燥傾向になり、たるみやシワがますます出てきやすいばかりか刺激を受けやすい敏感肌に傾きます。

ですから、肌を老化させないエイジングケアを望むなら、まずは保湿を見直すことで足元を固める必要があります。

 

ターンオーバーを促進して若々しい肌を保つ

年齢を重ねた肌はなんとなくドンヨリくすみがち。

せっかくのスキンケアコスメが入りづらい理由の1つは、ターンオーバーの周期が伸びてしまっていることです。

 

肌のターンオーバーは30代まで平均28日周期ですが、40代になると45日~55日程度に。

60代では100日にもなります。

新陳代謝が悪くなるのは、老化現象として仕方がない側面もありますが、老化だからと放置して良いものではありません。

肌をただ老いるままにまかせていくと、古い角質がお肌の表面で溜まっていってしまうのです。そしてシミやくすみが抜けにくくなり、小じわが本格的なシワに変化してしまいます。

そればかりか、厚く溜まった角質のせいでスキンケアコスメが角質層の奥まで浸透しない肌にも。

 

対応策として、時にごく弱いピーリングをすることも効果的です。ピーリング用のスキンケアコスメもありますので家庭でも手軽にピーリングができます。

いっしょにマッサージで血行を促進することで、肌の細胞全体に栄養がいきわたり、新陳代謝が活発になります。

大切なポイントとして、弱いピーリングはターンオーバーを促すのですが、やり過ぎも厳禁です。

ピーリングで強制的なターンオーバーが繰り返されることで28日より周期が短くなってしまい、刺激に細胞の層が表面に出てきてしまいます。

これでは敏感肌になってしまうので、ホームピーリングのやり過ぎには注意しましょう。

 

ピーリングやマッサージ以外にも、代謝を良くする働きのあるプラセンタが成分が配合されたコスメを選ぶのも有効です。

ターンオーバーが改善されることで、シミやくすみが抜けやすい美白肌にもなれるんですよ。

 

紫外線に当たらないことも大切です

そして、スキンケアの中でも重要な事は紫外線に当たらないことです。

紫外線に当たらないために必ずしも日焼け止めを塗る必要はありません。

日焼け止め効果のあるファンデーションやUVカット効果のある服でも大丈夫です。

 

老化を防ぐには紫外線のA波に当たらないことを心がけることが一番重要なのです。

このA波は、私たちの皮膚の真皮にまで到達し、ハリのもとであるコラーゲンやエラスチンをこわす酵素の生成を促します。

コラーゲンやエラスチンが破壊されてると肌のハリが失われ、たるみが出てきます。

これを光老化といいます。

 

本来人の皮膚は多少の紫外線を浴びても、コラーゲンの生成のほうが早いので影響は微々たるものです。ですが、40代にもなると女性ホルモンの働きが弱まっており、コラーゲンやエラスチンを生成する力がほとんど失われてしまいます。

光老化が厄介なのは、若いうちは問題なくても年をとってからそのつけを払わされてしまうところにあります。

油断して紫外線に当たればあたるほど、たるみまっしぐらです。

 

ですから、肌の老化を防ぐために、紫外線を防ぐことが極めて大事なのです。

 

まとめ―40代が肌の老化を防ぐために大切なこと

肌を老化させないために必要なエイジングケアとは、アンチエイジングコスメやクリームなどを使ったスペシャルケアだと思っていませんか。

しかし、もっと大切なことがあるのです。

 

それは、

  • 肌を乾燥させないこと
  • ターンオーバーを促進すること
  • 紫外線に当たらないこと

これはスキンケアの基本でもありますね。

スキンケアって色々なテクニックがありますけど、基本はすべて同じなのです。

 

乾燥肌は肌を老けさせるトラブルを起こす元凶です。

つまり、肌が刺激を受けやすい状態にまで弱っているため、まずはそこを保湿で補い、肌が水分を保てるようにするのが大切です。

 

また、40代ではターンオーバーの周期が20代の約2倍弱に伸びます。

これは肌の角質が溜まったり、メラニンが排出されにくくなるので、スキンケアの効率が悪くなったりシミやシワの定着につながります。

 

40代でアンチエイジングが気になりだしたら、プラセンタ入りの化粧品を使ったり、マッサージやピーリングでターンオーバーを自然な周期に近づけてあげてください。

 

紫外線はそれ自体肌には悪いのですが、特にA波は最悪です。

真皮でハリを支えるコラーゲンやエラスチンを破壊する原因となり、肌をたるませ老けさせるからです。

たちが悪いことに、この光老化に対しては、起こったあとで打てる対策はありません。

ですから、紫外線にはそもそもあたってはならないのです。

ましてや、自力でコラーゲンやエラスチンを生み出す力が弱い40代以降ではなおさらです。

 

高価なコスメを使ったり、スペシャルケアアイテムに頼るよりも、スキンケアの基礎とも言える保湿ケア、紫外線予防を毎日することが、肌を老化させないエイジングケアの近道といえます。

 - 肌をキレイにしたい人のスキンケア講座