コスメゲル

オールインワンゲル情報局

そのお肌、ケアしすぎ?ビニール肌改善にピッタリのオールインワンゲル

      2016/05/08

 

お手入れのかいあって、洗顔した直後からピカピカツヤツヤの肌になりました。

でも、ちょっとした刺激ですぐに肌がピリピリしたり、いつもどこか肌に赤みが出たりかゆくなってしまったり。

肌自体はツヤツヤしているのに、肌の調子はあまり良くないと感じたことはありませんか。

そのような肌は、健康的な「ツヤ肌」とは全く違う、「ビニール肌」といいます。

 

ビニール肌って何? その原因は?

ビニール肌には、このような特徴があります。

  • 洗顔直後に顔を拭くと、拭いた直後からツヤツヤになっている
  • キメが流れてしまって見えず、ラップを張ったようなツヤ感がある(=ビニールっぽい)
  • 少しの刺激でも肌がかゆくなったりピリピリしたりする

では、なぜビニール肌になってしまうのでしょうか。

 

ビニール肌の原因

ビニール肌の原因は、肌に負担をかけた結果、角質層が薄くなることです。

たとえば、

  • 洗顔後、タオルでゴシゴシとこすって水気を拭く
  • ピーリングのし過ぎ
  • 強すぎるクレンジング

など。

肌に刺激を与えて角質細胞を取り過ぎるのが原因なのです。

 

ビニール肌の場合、ターンオーバーの周期が通常よりも速く、未熟な細胞が肌の表面に溜まってしまっています。

未熟な細胞は角質を落とすための物質を十分作ることができないため、刺激を受けやすい状態で細胞が外気にさらされてしまうことになります。

それだけではなく、細胞が重なりすぎて皮脂を排出することができなくなるため、ニキビや炎症をも起こしてしまうのです。

 

また、健康な肌より角質層が薄くなってしまっているので、それだけ水分を保持する力が落ち、乾燥に傾きます。

外気に神経が反応しやすくなり、常に乾燥やピリピリ感を感じやすいのです。

さらに、乾燥に傾いた肌はそれだけ薄くなりやすいという、悪循環もあります。
このように、ビニール肌は、刺激を与えすぎたせいで乾燥しやすくなったお肌のことなのです。

ツヤツヤしているのに敏感な肌というのは、お肌が相当弱ってしまっているというSOSなのです。

では、ビニール肌になってしまった肌を救うには、何をしたら良いのでしょうか。

 

ビニール肌の改善には刺激を与えないことと保湿が大事!

ビニール肌の原因は、主として刺激の与えすぎです。

こすり過ぎ、強すぎるクレンジングの使用などが主な原因なので、ビニール肌を改善するにはその逆をすればいいのです。

  • タオルで顔をゴシゴシこすらない
  • 刺激物や添加物をなるべく排除した基礎化粧品を使う
  • クレンジングオイルが必要なほどの強いメイクをしない。
    するならば落とすものをクレンジングでないオイル(ホホバ油など)に変える

そして、健康な角質層が育ってくるには、時間がかかります。

まずは短くなりすぎているターンオーバーの周期を整え、刺激を与え過ぎないよう肌を守ることが大切です。

 

それには保湿も重要です。

保湿が十分行き届いていない肌は、乾燥に傾きやすく、乾燥肌は敏感肌へと移行しやすいのです。

ですから、肌の上できちんと刺激から守りつつ、肌の中に水分を補充できるようなコスメがあると、理想的です。

 

ビニール肌にいいスキンケアコスメの選び方

ズバリ、ビニール肌になってしまっている肌のスキンケアは、「敏感肌用オールインワンゲルを使うこと」。

 

ビニール肌の原因は刺激の与えすぎ。

ということは、スキンケアとして様々な成分を与えれば与えるほど、こすればこするほどビニール肌まっしぐらになってしまうのです。

スキンケアとしてオールインワンゲルを選べば、それだけでこする回数や、1回のスキンケアで与える成分の種類が減ります。

つまり、スキンケアをオールインワンゲルに変えるだけで、刺激を大幅に減らせるのです。

 

あとは、ビニール肌になってしまった肌を回復まで守り続ける「第2の肌」があるといいです。

その「第2の肌」は、水分を長くキープし、本来の肌が外部の刺激に晒されないように守ることができるゲルの膜です。

肌に働きかけて肌を変えようとするコスメよりは、肌をしっかり守って外部からの刺激を最大限抑えるタイプのオールインワンゲルを選びましょう。

 

まとめ

一見ツヤツヤで、理想の肌を手に入れたように見える「ビニール肌」。

しかしその正体は、刺激を与えすぎたせいで敏感肌になってしまったお肌です。

 

ビニール肌の原因は、こすり過ぎたり、スキンケアでいろいろと塗り重ねすぎること。

つまり、肌のためを思ってお手入れを頑張りすぎてしまうと、なってしまうことがあるのです。

ビニール肌を改善するには、早くなりすぎてしまったターンオーバーの周期を元に戻すために、スキンケアを保湿のみに絞って、こすらず与えるのみのスキンケアに止めることがとても大事です。

 

理想的なビニール肌の解決手段は、「敏感肌用オールインワンゲルを使うこと」。

ゲルの膜を作って水分をしっかりキープし、未熟な細胞が溜まって刺激を受けやすくなった肌を守り、うるおすタイプのオールインワンゲルを使うことです。

そうすれば、スキンケアでのこすり過ぎも、成分の与え過ぎも、両方解決できます。

ビニール肌を改善するには、敏感肌用のオールインワンゲルを使って、健康な細胞が戻ってくるまで根気よく肌の回復を待つことが大切です。

 

ビニール肌には「サクラムアルジェ モイスチャージェルコンプリートマスク」

ビニール肌の改善のために、私がおすすめするのは「サクラムアルジェ モイスチャージェルコンプリートマスク」。

その理由は、もちろんオールインワンゲルだということもありますが、

  • 配合されている保湿成分「サクラン」が、肌を外部の刺激から守りながらうるおす「第2の肌」として機能する
  • 9つの無添加で負担のない、赤ちゃんの肌にも使える優しさを実現

という、ビニール肌の改善にピッタリの特長があるからです。

sacrumalgae_photo3

 

保湿成分「サクラン」は「第2の肌」

「サクラン」はスイゼンジノリという植物から採れる保湿成分ですが、分子量が大きく角質層に浸透することがない成分です。

その特徴は、

  • ヒアルロン酸の10倍の保水量だからたっぷりうるおう
  • 水分を保持する力がヒアルロン酸の3倍だから長くうるおう
  • 肌の上にとどまる力がヒアルロン酸の80倍だから洗うまでお肌をうるおし続ける

という、あたかも肌の上に水分を含んだうるおいのマスクをつけたかのような使用感にあります。

9つの無添加で赤ちゃんでも使える優しさを実現

パラベン、着色料、香料、旧表示指定成分、界面活性剤、鉱物油、エタノールを使っていない敏感肌用オールインワンゲルは多くありますが、「サクラムアルジェ モイスチャージェルコンプリートマスク」はそれに加えて防腐剤、アルコール、動物由来原料も一切使っていません。

パラベンを使っていなくても、パラベンほどではないにせよ若干の負担がある「フェノキシエタノール」という防腐剤を使ってある製品は敏感肌用コスメでよく見られます。

しかし、フェノキシエタノールも使わず天然の酸化防止剤であるトコフェロール(ビタミンE)を使うことで、赤ちゃんにも使えるほどの安全性を実現しました。

 

ひどいと「風が吹いてもピリピリする」というビニール肌にとって、刺激を極力排除したコスメを使うことは何よりも大切です。

余計な負担を与えないことが、肌の回復には1番だからです。

 

弱った肌を休ませるのにぴったり!

私自身も、ときどき水すらしみるほどの肌荒れになることがあります。

ホルモンバランスの関係や、様々なコスメを使って肌が疲れてしまった時にそうなる傾向が。

何を使ってもダメ、そういうときの切り札がこの「サクラムアルジェ モイスチャージェルコンプリートマスク」です。

 

とりあえずこれを塗っておけば、外気やエアコンの風からはしっかり守られている感じがしますし、肌の中から水分が奪われていく感じがしません。

保湿成分を与えて積極的に肌を改善するタイプではありませんが、刺激を与えず肌を休ませることで肌を元気にするオールインワンゲルなので、本当に辛い時に使うと翌日には肌荒れが少し落ち着きます。

普段使いはもちろん、肌荒れのときのレスキューとしても使えるオールインワンゲルとして「サクラムアルジェ モイスチャージェルコンプリートマスク」はおすすめです。

 

“真”天然保水成分サクラン配合のオールインワンジェルはこちら
 

 - オールインワンゲル