コスメゲル

オールインワンゲル情報局

馬プラセンタと他のプラセンタとの違いは?

   

 

馬プラセンタとは、その名のとおり馬からできたプラセンタをさします。

プラセンタの採取はサラブレッドの胎盤から行われています。

なぜサラブレッドが選ばれるのかというと、サラブレッドは本来の目的として狩猟や競争馬として用いるために品種改良されてきたので、非常に運動能力が高く、あらゆる動物のなかでも上質な筋繊維を持っているからです。

 

プラセンタを採取するサラブレッドの飼育環境は?

馬はもともと血統の管理が難しく、あまり血が濃すぎると十分な免疫を持たない馬として生まれてしまう動物です。

中でもサラブレッドは現在多くの国で出生数が減少の傾向であり、非常に育成が難しいのです。

特に健康管理においては、プロの方々でもその馬の食事から行動、体の変化などを非常に細かく面倒を見ないと現状を把握できません。

 

また育成環境は、馬のストレスにならない、自然環境が整った広大な場所で飼育されることが極めて重要です。

このことから、飼育も非常に限られた場所でしかできません。

適切な育成法と豊かな飼育環境で育成され、プロの目で慎重にコンディショニングされるサラブレッドから抽出される馬プラセンタは、他の豚や植物性のプラセンタよりもビタミンやたんぱく質、特にアミノ酸が他のプラセンタよりも飛びぬけて含まれています。

 

さらに、安全性に関しても馬プラセンタはもっとも信頼できるものとして、最近の研究で発表されています。

ただ、その分コストが上がってしまうため、よりコストの安い豚プラセンタのほうが広く使用されています。

 

豚プラセンタとは

豚プラセンタとは、豚の胎盤から抽出されたエキスを原料として精製加工されたもので、現在流通しているプラセンタの中では最もポピュラーなものです。

豚プラセンタにかぎらずプラセンタエキスは、一般的には健康食品や化粧品に含まれて販売されており、とくにお肌をより美しくしたい、女性らしさを取り戻したい、更年期などの症状を緩和させたい、などといった女性特有の悩みを改善するのが目的で使用されています。

 

1年に1回1頭しか出産しない馬と比べて、豚は年に2度出産をしますし、1回に出産する子豚の数も多いので、豚プラセンタの原料となる胎盤は非常に手に入りやすいのです。

このため、豚プラセンタは値段も比較的安価で販売されているのが特徴です。

 

ただ、豚はワクチンなど薬剤投与を受けますので、胎盤にも不純物が混じりやすくなるだけでなく、不純物を除去するとプラセンタとしての効能も薄くなる傾向にあります。

豚プラセンタには輸入物もあるようですが、国内で十分に品質管理されたSPF豚の胎盤から採取されたプラセンタならば、品質もトレーサビリティもしっかりしています。

 

馬プラセンタと豚プラセンタはここが違う!

馬プラセンタと豚プラセンタを比較した場合、まず大きく異なるのがアミノ酸の含まれている量で、馬プラセンタは豚プラセンタの数百倍ものアミノ酸が含まれていると言われています。

そして最も大きな違いは、馬プラセンタには必須アミノ酸が含まれている点です。

 

アミノ酸は、お肌が作られるための原料となる成分です。

これがより多く入っているかどうかは美しい素肌作りには欠かせない条件と言えます。

特に必須アミノ酸が多く含まれている馬プラセンタでは、美容やアンチエイジングには効果が実感しやすいと言われています。

 

なぜこのような違いが出るかというと、胎盤の作りに違いがあるからです。

馬の胎盤の方がしっかりと厚みがあって成分が凝縮されています。

 

1回の出産で約10頭出産する豚とは違い、馬は1回の出産で1頭しか出産しません。

豚は1頭あたり1.2kgから1.4kgで生まれますが、馬は40kgから60kgになります。

そこまで大きく育てるために、馬の胎盤にはより多く成長因子が含まれていなければなりません。

また妊娠期間が約330日と長いことも、馬の胎盤の成分が豊富な理由です。

 

馬プラセンタの効果

馬プラセンタはアミノ酸が豊富で、豚プラセンタや植物性プラセンタには含まれていない必須アミノ酸が含まれています。

馬プラセンタに含まれている必須アミノ酸はヒスチジンやフェニルアラニン、メチオニン、トリプトファンなどです。

 

ヒスチジンには成長を促進させる効果があると言われ、ラットに投与した実験で食欲減退や脂肪を燃焼させる働きがある細胞が活性化したことから、ダイエット効果も期待されています。

フェニルアラニンは人の体内でノルアドレナリンやドーパミンに変わる性質があり、気持ちの落ち込みを緩和する効果が期待されている他、痛みの軽減効果もあると言われています。

メチオニンは、体内で不足するとむくみに繋がると考えられており、体内に補給することでむくみ解消効果が期待できます。

また、アレルギーの原因となるヒスタミンを抑える効果があると言われ、アレルギー症状の緩和も期待されています。

トリプトファンは睡眠物質として知られているセロトニンを作る原料となり、精神安定効果や睡眠効果が期待されています。

 

まとめ

馬プラセンタ、中でも国産のサラブレッドの胎盤を原料とする馬プラセンタは、豚や植物性のプラセンタエキスよりも優れた働きがあると言われています。

それは、馬の品質管理がしっかりしていること、また妊娠期間が長く、出産する頭数も少ないことから、胎児をしっかり育てられるだけの働きをするために、胎盤により多くのアミノ酸や成長因子が含まれていることにあります。

 

特に優れているのは、馬プラセンタには必須アミノ酸が含まれていること。

そのため、馬プラセンタとその他のプラセンタでは、お肌に与える美容成分そのものが変わってきます。

 

美容のためにプラセンタを摂るならば、馬プラセンタが断然おすすめです。

 

 - 肌をキレイにしたい人のスキンケア講座