コスメゲル

オールインワンゲル情報局

目の下のたるみの原因は何?マッサージで解消できるって本当?

   

 

年齢を重ねると気になり始めの、目の下のたるみ。

ほうれい線などに代表される顔のたるみの中でも、多くの女性が悩むたるみのポイントです。

表情を作り、人の第一印象や若々しさを決定づける重要な部分ともいえます。

 

しかしその重要な部分にもかかわらず、目の下のたるみの原因はあまり知らずに、なんとなく伝え聞いたマッサージをしてみたり、効果があると言われている化粧品を利用していませんか?

ここでは目元のたるみの根本的な原因を探りつつ、効果的なケアの方法を紹介していきます。

 

目の下のたるみがマッサージで解消できるのは事実か?

よくテレビやネットで「たるみを予防するためにマッサージをしましょう」という言葉を耳にします。

確かにマッサージをすると筋肉がほぐれやすくなるので、たるみ防止に行う方がいらっしゃいますが、本当にマッサージはたるみ予防になるのでしょうか?

 

マッサージといっても様々あり効果もマッサージによって異なりますが、テレビなどでよく取り上げられる手を使って顔の筋肉を無理やり動かすマッサージはたるみ予防にはなりません。

それどころか逆にたるみの原因になってしまうことがあります。

 

人間の皮膚は3層構造になっていて、肌のハリと関係が深いのは3層構造の真ん中の「真皮」という部分です。

この場所にはコラーゲンやヒアルロン酸という物質が豊富にあり、これらが規則正しく真皮を支えているので弾力のある肌になります。

しかし刺激の強いマッサージを行うと真皮の構造が崩れてしまい、コラーゲンなどの機能が落ちてしまいます。

真皮を支えることのできなくなった肌はハリを失い、たるみとしてでてきてしまうのです。

 

ただし美顔器などの低刺激のマッサージは刺激が少ないので、たるみの原因にはなりにくいといわれています。

全てのマッサージがたるみの原因になるわけではないので、刺激の少ないマッサージを行うようにしましょう。

 

目の下のたるみの原因

良かれと思ってマッサージをしていたら実はたるみの原因だったというのはあまりに報われません。

ですから、今回は何をすればたるみに効くのか考えていきましょう。

 

まずは、なぜ目の下のたるみが起きるのか理論的に見てみましょう。

上でも述べたように顔の皮膚の構造においては真皮という部分がとても重要になるため、もし真皮に問題が起きてしまうと顔がたるみやすくなってしまいます。

 

以下の場合では真皮に異常が起きやすいといわれています。

  • 女性ホルモンの減少
  • 加齢
  • 紫外線

女性ホルモンのエストロゲンはコラーゲンの元になる線維芽細胞がコラーゲンに変化することを促進し、真皮の中にあるコラーゲンの数が増えることにより、肌のハリが良くなります。

逆に閉経などで女性ホルモンの分泌が低下すると、コラーゲンが減り肌がたるみやすくなってしまうのです。

 

加齢による肌のたるみは女性ホルモンの減少によるものと、「糖化」という現象によるものです。

お米を食べると糖に分解され体に吸収されますが、コラーゲンには糖とくっつくと固くなる糖化という性質があります。

加齢によって多くの糖が体に蓄積されてしまうと、糖化が起こり肌のたるみを引き起こしてしまうのです。

 

さらに加齢によって活性酸素という物質が肌の中に蓄積します。

活性酸素は肌を傷つける作用を持っていて、呼吸するだけでも体の中に溜まってしまうので厄介な物質です。

紫外線は真皮にまで潜り込み、規則正しい真皮の配列を乱してしまう役割を持つ物質です。

バラバラの配列になった真皮は上手く働くことができず、肌にたるみを作ってしまいます。

 

目の下のたるみを改善するには?

ここまではたるみの原因を考えましたが、ここからは何をすればたるみを防ぐことができるか見ていきましょう。

たるみの原因からコラーゲンを増やすことができればたるみを予防できることが分かったので、コラーゲンを増やす(もしくは減らさない)ことが予防につながります。

ただし、コラーゲンをそのまま摂取しても体内で分解されるため、コラーゲンの産生を促す物質を体内に入れる必要があります。

例えばレチノールやナイアシン、リン酸型ビタミンCという物質はコラーゲンの産生を促す作用があり、化粧品に配合されている場合が多いです。

 

コラーゲンが減る原因としてはコラーゲンの糖化や紫外線による真皮の配列異常があるため、この2つに気を付けましょう。

糖化を防ぐためには炭水化物を取りすぎないこと、高血糖にならないように食べすぎないことに気を付け、紫外線を防ぐために外出時にはきちんと日焼け止めを塗るように心がけましょう。

 

目の下のたるみに有効な栄養素や食材は?

ここまではコラーゲンに焦点を当てて目の下のたるみについて考えてきましたが、

「もっと日々の生活で気を付けるべきことはないのか!?」

と言いたくなる方もいると思います。

そこでここではたるみを予防する効果のある食べ物をお教えします。

 

たるみの原因の部分で触れましたが、呼吸によって増える活性酸素という物質は肌にとって厄介者です。

しかし活性酸素を除去する抗酸化物質というものは食べ物によって働きを強めることができ、特にビタミンA、C、Eを含んでいるものがたるみ予防に優れていると言われています。

ビタミンAを多く含む食べ物

ウナギ、モロヘイヤ、にんじん、春菊、ほうれん草、カボチャ、にら

ビタミンCを多く含む食べ物

パプリカ、菜の花、ブロッコリー、カリフラワー、ピーマン

ビタミンEを多く含む食べ物

アーモンド、ツナ缶、たらこ、モロヘイヤ、カボチャ、ウナギ

 

これらの食べ物は同時に食べることによって効率よくビタミンA、C、Eを吸収することができます。

ですから1食の中で上記の食材をいくつかまとめて調理できるように工夫してみましょう。

 - 肌をキレイにしたい人のスキンケア講座