コスメゲル

オールインワンゲル情報局

日焼けするプロセスの解説。UVカットのファンデや下地を塗れば日焼け止めはいらないの?

   

 

多くの女性にとって日焼けは嬉しいものではありません。

紫外線はシワやシミの原因にもなりますし、皮膚がんのリスクも高まります。

普段からカーディガンを着たり、帽子をかぶるなどしてUVカットを心がけているとは思いますが、顔だけは覆い隠すわけにも行かず、対策に苦労していると思います。

 

そこで気になるのがUVカット効果付きの化粧下地やファンデーション。

化粧もしつつUVカットできれば、それほど便利なものはありません。

ですがUVカット化粧品は本当に効果があるのでしょうか?

日差しが強い場合は日焼け止めとの重ね塗りもありなのか?

日焼けの原因とそれが及ぼす肌ダメージを確認しながら、UVファンデや下地と日焼け止めの利用場面について紹介させていただきます。

 

日焼けになるプロセス、肌の中では何が起こっているの?

夏になるにつれて肌の露出が増えてきますが、それと同時に気になってくるのが太陽からの紫外線ですよね。

紫外線によって肌がヒリヒリしたり黒くなることは体験したことがあると思いますが、なぜ紫外線によってこのような症状が出てくるのでしょうか?

紫外線の種類

まずは紫外線の種類について考えていきましょう。

紫外線には大きく2種類あって、UV-Aという紫外線とUV-Bという紫外線が存在しています。

UVとは紫外線(ultra violet)のことを指していて、UVの後ろについているAやBという英語は紫外線の波長の長さを指しています。

 

光というのは波のように揺れながら直進しているおり、1回のゆれの長さを波長と呼びます。

波長が短いほど肌に与える影響が強いですが、その分皮膚の浅い部分で光が止まってしまう特徴があります。

逆に波長が長ければ肌に与える影響が弱いかわりに皮膚の深い部分まで到達してしまう特徴があるのです。

UV-AとUV-Bの違い

UV-Aは波長が長い紫外線ですので肌の奥にまで浸透する可能性があり、UV-Bは波長が短い紫外線ですから短時間で肌に影響が出やすくなっています。

まずUV-Aについて詳しく解説いたしますと、この紫外線を浴びると肌の中にあるメラノサイトという物質が活性化してメラニンを産生するようになります。

UV-Bと違ってUV-Aは長期に渡って肌の奥のメラノサイトまでも活性化させるため、産生されたメラニンが外に排出できなくなって皮膚の中に少しずつ蓄積されていきます。

このメラニンが長い期間少しずつたまることによって、シミとして見えることがあるので注意が必要です。

 

UV-Bについて詳しく解説すると、この紫外線は肌の浅いところで進むことができなくなってしまいますが、紫外線の影響が強いため皮膚の細胞が傷ついたり、炎症を起こすことがあります。

その時に皮膚が赤くなったりヒリヒリ感じたりするのです。

いわば、皮膚がやけどしている状態になります。

 

また、皮膚の中にあるメラノサイトが活性化してメラニンを産生するようになります。

メラニンは紫外線を吸収する働きがあるので、紫外線による皮膚へのダメージを抑えてくれるのですが、メラニンは黒い物質ですから日焼けの際に肌が黒くなる原因となるのです。

日焼けが及ぼす肌トラブルや病気の解説

日焼けが肌にとってよくないということはわかって頂けたと思います。

しかし日焼けによって起こる肌トラブルは他にもあり、日焼けによって大きな病気になることもあるのです。

 

皮膚の奥にはコラーゲンやヒアルロン酸という皮膚のハリを作る物質があります。

紫外線のUV-Aは肌の奥深くまで影響を与えてしまうため、コラーゲンやヒアルロン酸にも悪影響を及ぼしてコラーゲンなどの構造を壊してしまいます。

構造を保てなくなったコラーゲンは肌のハリを保つことができなくなり、肌がたるんだり、シワになってしまうことがあるのです。

そのほかにも日焼けによって皮膚の表面が異常に増えることによって、でこぼこしたり、かさついているように見えてしまう角化異常症を引き起こしてしまう恐れもあります。

 

日焼けによって起こる最も怖い病気は皮膚がんです。

人間の細胞は分裂を繰り返して新しい細胞を作りますが、何らかの原因で正しく分裂せず異常な数の分裂を起こすことがあり、これをがんと呼びます。

皮膚がんの場合、異常分裂を発生させてしまう因子として日焼けなどによる肌の刺激があるので注意が必要です。

日焼けをすれば必ずがん化するというわけではありませんが、一度がんになってしまうと治療が大変ですので、できる限り無駄な日焼けは避けるようにしましょう。

 

UVカット化粧品やファンデーションは日焼け止めとして効果はある?

日焼けを防止するためには日焼け止めを塗る、というのは皆様ご存知のことと思いますが、最近ではUVカット化粧品やファンデーションが発売されています。

これらの化粧品は日焼け止めとしてきちんと機能しているのでしょうか?

 

結論から言ってしまえば、これらの化粧品は日焼け止めとして効果はあります。

日焼け止めの指標としてUV-Bを防いでくれる効果を表すSPFという数値とUV-Aを防いでくれる効果を表すPAという数値がありますが、UVカット化粧品やファンデーションのSPF値やPA値を見ても日焼け止めのSPF、PAの値と変わらない化粧品も多いため、日焼け止めの効果とほぼ同じといえるでしょう。

 

UVカット化粧品を使えば、日焼け止めは必要ないの?

「化粧品が日焼け止めと同じ効果があるなら日焼け止めいらないじゃん」と言いたくなる方がいらっしゃると思いますが、日焼け止めを用いた方がいい理由もあります。

日焼け止めとUVカット化粧品を併用した場合、片方のみを用いた時よりも持続時間が長いといわれているのです。

そのためUVカット化粧品を用いる場合でも、日焼け止めを塗ることによって何度も日焼け止めを塗る手間が省けます。

 

またUVカット化粧品の多くは顔専用になっているので、腕などの部分は日焼け止めを用いるしかありません。

腕などの部分を何も塗らないわけにもいきませんので、日焼け止めが全く必要なくなる場合ということはありません。

 

UVカット化粧品も日焼け止めも、正しい量や使用法によって効果を発揮します。正しい使い方を学んで日焼けしない夏を目指しましょう!

 - 肌をキレイにしたい人のスキンケア講座