コスメゲル

オールインワンゲル情報局

ハゲ防止のヘアワックスはなぜないの?

      2016/06/01

By: Joey

 

薄毛の人がヘアワックスや整髪料をつけると頭皮に負担がかかり、余計にハゲが進行してしまいやすくなります。

しかし、薄毛の人にとってそれをカバーする意味でも、ヘアワックスは欠かせないもの。

ハゲを防止できる、育毛機能のあるヘアワックスや整髪料はなぜないのでしょうか。

そして、育毛剤とヘアワックスをうまく使いこなして、育毛しつつ薄毛をカバーするためのコツも紹介します。

 

ヘアワックスや整髪料はハゲやすい?

薄毛の原因としてヘアワックスや整髪料を用いると、薄毛が進行しやすいという噂は聞いたことがあるでしょう。

その噂は本当なのでしょうか。

ヘアワックスや整髪料が薄毛を進行させる原因として、以下の3つが考えられています。

  • 頭皮の詰まり
  • 髪の毛が細くなる
  • シャンプーのしすぎ

頭皮には髪の生える根元である毛根というものがたくさん存在しています。

ヘアワックスや整髪料によって毛根が詰まってしまうと毛根が死んでしまい、髪の毛が減ってしまいます。

 

「ヘアワックスや整髪料が髪の毛につけるものなら毛根に触れないようにつければよいのでは?」と疑問があるかもしれません。

しかしヘアワックスや整髪料は汗などによって髪の毛から毛根に流れてしまいます。

ですから汗のかきやすい夏場などは特に毛根にダメージを与えてしまうのです。

また長時間ヘアワックスなどを付けていると毛根にヘアワックスがついてしまう可能性が高くなってしまうため、ヘアワックスや整髪料を付けたまま寝てしまうなどの行為は避けるようにしましょう。

 

髪の毛が細くなる原因は、ほとんどのヘアワックスの成分に含まれる「合成界面活性剤」です。

これは髪の毛のたんぱく質を分解することによって髪の毛を柔らかくしスタイリングをしやすくなる働きがあるのですが、この合成界面活性剤のたんぱく分解作用によって髪の毛が薄くなってしまいます。

髪の毛が薄くなってしまうと少し引っ張っただけでも簡単にちぎれてしまうようになりますから、結果として薄毛の原因になってしまいます。

また髪の1本1本のボリュームが少なくなってしまいますので、見た目の髪の毛も少なく見えてしまいます。

 

髪の毛や頭皮についたヘアワックスや整髪料を落とそうと、2回3回とシャンプーを行う人がいらっしゃいます。

しかしシャンプーをしすぎると頭皮に必要な油分までも一緒に流されてしまい、頭皮が乾燥しやすくなります。

頭皮がダメージを受けるとそこにある毛根も死にやすくなってしまいますから、薄毛が進行してしまうのです。

さらに、何度もシャンプーを行うことによって爪によって頭皮が傷つけられてしまう可能性が高くなります。

ですからシャンプーの際は爪を立ててゴシゴシするのではなく、指の腹を使って優しくなでるように行うようにしましょう。

 

育毛機能のあるヘアワックスや整髪料はなぜないの?

ヘアワックスや整髪料は髪に付けるもの。

ならば育毛機能のあるヘアワックスはなぜないの?という疑問もあるでしょう。

 

育毛剤は、頭皮に付けることで髪の成長を促す製品がほとんどを占めています。

正確にいうと頭皮の中にある毛根から毛が生えてくるので、その部分に育毛剤が毛の成長を促すように指令を出します。

育毛機能とヘアワックスなどの機能を併せ持ったものがないのは、ヘアワックスのデメリットと育毛剤の相性の悪さと考えられます。

ヘアワックスはスタイリングをするうえで不可欠なものですが、頭皮の毛根を詰まらせることによって薄毛の原因にもなります。

育毛機能は頭皮の中にある毛根に浸透することによって働くことができるため、頭皮を詰まらせてしまうヘアワックスや整髪料とは相性が悪いのです。

 

育毛剤とヘアワックスは一緒に使える?

では、ヘアワックスや整髪料と育毛剤を使うのはどうでしょうか?

これらを同時に使った場合、やはりヘアワックスや整髪料が育毛剤が毛根に浸透することを邪魔してしまうため同時に使うのは適していないと言えます。

もしもヘアワックスや整髪料が毛根に触れないならば同時に使っても影響はありませんが、汗をかくだけで頭皮に流れてしまうので、難しいといえるでしょう。

 

ただし育毛剤を塗って時間をおいてからヘアワックスなどを用いる場合、同時に使用するよりも育毛剤の効果は邪魔されにくいです。

育毛剤は毛根に浸透しさえすればいいので、ヘアワックスなどが毛根を詰まらせる前に育毛剤が毛根に浸透してしまえば育毛剤の効果を果たすことができます。

育毛剤を塗るのに適しているのは、頭皮の汚れが少なくなっているお風呂後や髪の毛が成長しやすい寝る前の時間と言われています。

そのため育毛剤と同時に使用する場面は多くないといえるでしょう。

ですから、夜に育毛剤を使い朝出かける前にヘアワックスや整髪料を用いても大丈夫です。

 

ヘアワックスを使いこなしつつ薄毛を進行させないコツ

薄毛予防のためにはヘアワックスは髪にとってよくないことが分かってもらえたと思います。

だからと言ってヘアワックスを使わないとスタイリングがしづらくなってしまうのも困りものです。

 

大切なのはヘアワックスの使い方や用いた後のケアをきちんと行う事です。

ヘアワックスを付ける時間は日中だけと決めておき、夜寝る前には必ず落としてから寝るように心がけましょう。

 

またヘアワックスを落とす際にはシャンプーを何度もするのではなく、1度でいいので毛根に行き渡るように丁寧に行うようにしましょう。

それだけでも心がけることによって薄毛の進行が抑えることができます。

日々の生活からしっかりと注意して薄毛にならないヘアワックスの使用を行って下さい。

 - その他