コスメゲル

オールインワンゲル情報局

アンチエイジングにリバウンドはないの?

   

clock-1377808_640

 

加齢によって徐々に衰えてしまう肌。

それでも、そのスピードを少しでも遅らせて、若々しい肌を保ちたいですよね。

 

肌のハリを保つ、しわに効くなどの効果をうたったアンチエイジング化粧品はたくさんあります。

しかし肌に働きかける成分を使い続けることで、肌が疲れて一気に老けこんでしまったり、その化粧品を使うことをやめたときに反動が来て肌の状態が悪くなってしまうのではないか、と思ったことはありませんか。

アンチエイジング化粧品が肌にどのように働きかけるのかを知り、無理のないケアで美肌を維持しましょう。

 

エイジングケア(アンチエイジング)化粧品とは

テレビなどでアンチエイジングという言葉が流行りましたが、アンチエイジングとはなにかきちんと理解していますでしょうか?

人は年を取ると体の様々なところに影響が出てきますが、肌に関していえばたるみやシワ、シミといった肌トラブルが出てきます。

それらが出てくる原因はそれぞれ異なりますが、ほとんどが年を取ることに関係しています。

 

アンチエイジングとは老化によって起こる現象を防ぐために行う行為を指します。

たるみやしわなどの老化(エイジング)によって起こるものを起こさないようにすることから、年齢の変化に逆らうという意味でアンチエイジングと呼ばれています。

 

アンチエイジングを目的とした化粧品には、シミやシワなどといった年を取ると起こりやすい肌トラブルを解消するような成分が含まれていることが多いです。

ただし、化粧品においてはアンチエイジングという言葉が薬事法に引っかかるのでエイジングケアという言葉を用いていることがあります。

エイジングケアとはその年齢にあったケアを行うことで老化の影響を小さくするという意味ですが、基本的にはアンチエイジングと同じ意味と考えて構いません。

 

年齢を重ねた肌に必要なケア

では年齢を重ねるとどのようなケアが必要になってくるのでしょうか?原因別に考えていきましょう。

シミ

老化によって起こるシミの原因としてはメラニンの蓄積が考えられます。

肌に紫外線が当たるとメラニンという物質が産生されるようになります。

メラニンは肌を黒くしてしまう作用がありますが、皮膚のターンオーバー(一定周期で皮膚の細胞が入れ替わること)によって体外に排出されていきます。

しかし、年齢を経るとターンオーバーが上手くいかないためにメラニンが肌に溜まりやすくなってしまい、シミの原因になることがあるのです。

 

シミに対して必要なケアは、肌のターンオーバーを促進してメラニンの排出を促すことです。

ピーリングは古くなった角質を落としターンオーバーを起こしやすくするため、シミに対して効果的と考えられています。

 

シワ、たるみ

シワやたるみが起こる原因は肌の中のコラーゲンやヒアルロン酸の低下です。

これらの物質は肌を支える役割を担っていますが、活性酸素の増加などによってコラーゲンなどが減ってしまうことにより、肌のハリを保てずにシワになったりたるんでしまうことがあります。

 

シワやたるみに対して必要なケアはコラーゲンを増やすことです。

ただしコラーゲンをそのまま肌に補充しても定着しませんので、コラーゲンの産生を促すレチノールなどの物質を補充する必要があります。

それ以外にもシワやたるみの原因である活性酸素はビタミンA、C、Eによって取り除かれることが知られているため、これらの物質を摂取したりビタミン誘導体を塗ることも効果的です。

 

アンチエイジングをするとリバウンドが来るのは本当?

アンチエイジングを狙った化粧品にはコラーゲンの産生を促すレチノールなどがありますが、これらの物質を使うことによって肌の状態が悪くなるという話もあります。

これは本当なのでしょうか?

 

レチノールやピーリングの際に使うAHAという物質は肌にとって刺激が強いことがありますので、肌の弱い人が使うと赤くなってしまうことがあります。

これらの物質で赤くなってしまう人は使用を避けるか、使用頻度を下げることによってある程度は防ぐことができるといわれています。

それでも使っていくと段々と肌が慣れてくることもありますから、そのときには使用頻度を増やすのもアリです。

 

コラーゲンを増やす物質としてはレチノール以外にもナイアシンやビタミンC誘導体などがありますが、これらは大きな副作用はないとされています。

もしもアンチエイジングによるリバウンドが気になる方はこれらが配合された化粧品を用いたほうが安全です。

 

年齢に負けない肌を長く保つのに必要なケアは?

では年齢に負けない肌を長く保つにはどうしたらよいでしょうか?

肌にでやすいシミ、シワ、たるみなどに共通する原因として紫外線が考えられます。

紫外線によるシミへの影響は上記で述べましたが、実は紫外線はシワやたるみの原因にもなってしまいます。

 

シワやたるみが起こる理由として肌の中のコラーゲンが壊されることと述べましたが、紫外線の影響によってコラーゲンが壊されてしまうことがあるのです。

そのためシミやシワなどを防いで年齢に負けない肌を作るには紫外線対策が必須となります。

紫外線は夏以外でも一年中降り注いでいますので、外出時には日焼け止めを塗るように心がける必要があります。

日差しの強い日には日傘やサングラスといったもので紫外線を防ぐのも効果的です。

 

それ以外にもシミはターンオーバーを低下させないように日頃の洗顔を丁寧に行うことによって、またシワやたるみは表情菌を鍛えることによって防ぐことができます。

もちろんエイジングケア(アンチエイジング)を狙った化粧品を塗ることも年齢に負けない肌を手に入れる助けになるでしょう。

 

年齢に負けない肌を長く保つためには日々のケアが最も大切です。

手を抜くとその結果が肌に返ってきますから、日々のケアを決して怠らず美肌を維持できるように頑張りましょう。

 - 肌をキレイにしたい人のスキンケア講座