コスメゲル

オールインワンゲル情報局

美容液とオールインワンゲル、同時に使っても大丈夫?

      2016/09/22

essential-oils-1433692_640

 

1つのアイテムでスキンケアが完了できるオールインワンゲルは便利なアイテムですが、時には美容液などスペシャルケアをしたいときも出てくるもの。

そんなとき、美容液とオールインワンゲルは同時に使えるのでしょうか。

普段使っているオールインワンゲルと美容液の成分や形状によって使う順番を工夫しさえすれば、併用は可能なのです。

 

普段はいつものオールインワンゲルで肌はいい調子だけれども、うっかり日焼けしてしまったときやできかけの小じわのケアもしたい。

オールインワンゲルは使い勝手の良さがその長所ですが、肌のコンディションによって調整するのが難しいのが短所です。

そこを補うために美容液を使いたいけれど、オールインワンゲルが美容液の効果を妨げないか心配ですよね。

ポイントを押さえれば、オールインワンゲルと美容液は十分併用できるのです。

 

オールインワンゲルと美容液のタイプを確認する

 

オールインワンゲルと一口に言っても、製品によってその性質は様々です。

肌の上に水分を含んだ膜となってとどまるタイプ、リフトアップのためのポリマーが肌を覆うタイプ、マッサージクリームを兼ねたタイプ、また美容液タイプのオールインワンもあります。

また、美容液も大きく分けて化粧水に近い製品、乳液のような製品、また美容オイル、アイクリームのように油分が多い製品があります。

 

普段使いのオールインワンゲルがどんな製品かによって、使う順番が変わってきます。

 

肌の上に膜を張るタイプのオールインワンゲル

オールインワンゲルの中には、水分を含んだ膜が肌の表面を覆い、保湿しつつ肌を守る役割をする製品があります。

そのタイプの製品の中には、塗った後こすりすぎるとぽろぽろとカスが出るものもあります。

 

膜を張るタイプのオールインワンゲルを使っている場合は、美容液は必ずオールインワンゲルの前に塗りましょう。

その理由は、

  • オールインワンゲルの後で美容液をすり込むことで、ゲルの膜が壊れてカスが出る
  • ゲルの膜の上から美容液を塗っても、膜にさえぎられて肌に届かない

からです。

美容液の後でゲルを塗れば、ゲルの膜が肌表面に美容液を閉じ込めるため、角質層に美容成分を届けることができるというメリットも。

 

マッサージができるタイプのオールインワンゲル

このタイプは、油分よりも水分が多く、ゲルの粘性が高いです。

ですから、水分が多いタイプの美容液はゲルの前に塗りましょう。

ゲルの前に美容液を塗ることで、オールインワンゲルでマッサージをするときにともに角質層に浸透していきます。

 

油分の多い美容液、例えばオイルやリッチなクリーム状のものは、ゲルの後で塗るようにします。

水分の前に肌に油分をしっかり塗ってしまうと、水分の浸透を妨げます。

つまり、オールインワンゲルよりも油分の多いリッチな美容液を先に塗ってしまうと、ゲルに含まれる水溶性の美容成分が角質層に入っていきづらくなります。

アイクリームや美容オイル、油分の多い美容液は、オールインワンゲルがしっかりなじんでからなじませましょう。

 

膜を張らないタイプのオールインワンゲル

被膜ができないタイプのオールインワンゲルは、油分の量を見て塗るタイミングを調整します。

たとえば、オイルフリーのオールインワンゲルと水分の多いさらっとした美容液ならば、ゲルの前に美容液を塗るほうが良いですし、こっくりした油分の多い美容液と組み合わせるならば美容液の前にゲルを塗るほうがなじみがいいです。

 

クリーム状や美容液状のオールインワン化粧品

ゲル状ではないオールインワンなら、スペシャルケアに使う美容液の形状によって決めます。

水分が多くさらっとしたもののあとに油分の多いこっくりしたものを塗るのが原則です。

乳液状のオールインワンとオイルフリーの美容液ならば美容液が先、逆に乳液状のオールインワンにアイクリームをプラスするならば、オールインワンが先です。

 

まとめ

美容液とオールインワンゲルは、同時に使うことができます。

ライン使いするときはたいてい、水分の多い化粧水から油分の多いクリームの順番に使いますよね。

オールインワンゲルはいろいろなタイプがありますが、自分の使いたいもの、使っているものの性質さえ把握すれば、ほかの製品と組み合わせて使うこともできます。

 

オールインワンゲルを使っていると、肌の調子が良くないときには「これ1本でいいはずだったのに」と疑問に思いがち。

しかし、オールインワンゲルもスキンケアコスメのひとつなのですから、他のコスメと組み合わせてもいいのです。

そして、誰一人全く同じ肌の人はいませんし、年齢や体調、気候によって肌の状態は変化するものですから、1つのオールインワンゲルでどんな時でもカバーできるわけではないのです。

スペシャルケアが必要な時にも普段のオールインワンゲルを活用して、肌の調子をいつも健やかに保ちましょう。

 - オールインワンゲルの基礎