コスメゲル

オールインワンゲル情報局

敏感肌にはオールインワンでのケアが最適!

   

girl-1733349_640

 

敏感肌になると、肌の感想がなかなか収まらなかったり、合う化粧品が見つからなかったりして困りがち。

その原因は、乾燥が進んで肌がもともと持っている細胞間脂質が不足した結果、肌のバリア機能が低下することです。

改善するには生活習慣を改めたりすると同時に、スキンケアも重要です。

与える刺激を最低限にしつつ必要な保湿成分を補うには、もともと肌が持っていたセラミドなどを補えるオールインワンゲルが最適です。

 

敏感肌ってどんな肌?

敏感肌は、肌のバリア機能が低下し、ピリピリしたり化粧品がしみたりしやすい状態になった肌のことをさします。

肌のバリア機能が低下する理由は、未熟な角質細胞が肌の表面に出ることと、細胞の間に存在する細胞間脂質が減ってしまうこと。

睡眠不足や栄養不足、ゴシゴシこするなどの外的な刺激によって、肌のターンオーバーのサイクルが早くなりすぎることがその背景にあります。

 

細胞が未熟なまま角質層の表面に出ると、細胞間脂質が十分細胞間に行き渡らないだけでなく肌表面から流出しやすくなります。

細胞間脂質はNMF(天然保湿因子)やセラミドなど、肌の水分を保つのに重要な成分が含まれています。

流出すると肌の水分保持能力が落ち、乾燥肌に傾きます。

そうなるとめくれ上がった角質細胞の奥に刺激となる物質が入りやすくなり、痒みやピリピリ感を起こします。

 

敏感肌を生む原因とは?

敏感肌になる理由は、大きく分けて4つあります。

  • アレルギーによるもの
  • 物が擦れてなるもの
  • 内的要因によってなるもの
  • 外的要因によってなるもの

 アレルギーによるもの

これは、例えばダニやペットの毛など、特定の物質にのみ反応して痒みなどが起こる敏感肌のことを指します。

この場合は皮膚科による治療が改善への最短経路で、日頃からその物質を避けることで肌の状態を良いまま保てます。

 

物が擦れてなるもの

下着の擦れや衣服のタグのチクチク、またアクセサリーや漆などかぶれやすい物質に触れることで起こる敏感肌で、接触性皮膚炎とも言われます。

一時的なもの、タグの擦れぐらい大丈夫と軽く見ると、ダメージを受けた皮膚が角質化したり、シミになってしまったりします。

 

内的要因によってなるもの

激務などからくるストレス、生活リズムの乱れからくる睡眠不足や栄養不足、生理や妊娠、授乳によるホルモンバランスの変化など、自分の体内の状態が変わることで肌に栄養が行き届きにくくなり、バリア機能の働きが弱くなります。

風邪を引いて食事が十分とれなくなるだけでも、なんとなく肌がくすんできたりカサついてきたりすることがよくありますよね。

それは、肌は脳や肝臓ほど密接には生命維持に関連しないため、体内の栄養素が不足した際に供給が削られやすいからです。

 

外的要因によってなるもの

気候の変化、エアコンなどの風が直接当たるなどの要因で肌が乾燥し荒れてくる状態です。

日光の浴び過ぎでも肌はカサカサしますし、冬の冷気とエアコンの温風との温度差でも肌に赤みやかゆみが出たりします。

 

 

敏感肌を作らないために

敏感肌を作らないためにできることは、

  • 原因物質を遠ざけること
  • 原因となりやすい内的要因を排除すること
  • 外的要因から肌を守ること

です。

原因物質を遠ざける

アレルギー性や接触性の敏感肌を予防するには、原因となる物質に触れないことが一番です。

アレルギーの場合は医師の指導のもと、肌を治療し体質を改善するのが最善の道です。

 

接触性の敏感肌の原因のうち、特殊な物質は避けることができますが、下着のタグやチクチクする衣服は恥ずかしさやおしゃれの面もあり、我慢してしまいがち。

しかし、肌がチクチクする、痒くなる、赤くなるという症状が出たらそれは肌のSOSであり、悲鳴なのです。

一度荒れて症状が出てしまった肌は修復に時間がかかりますし、ダメージを受けていた時間が長いほどシミとなって残りやすいです。

 

たとえば赤ちゃんの肌着は、肌を守るためにタグが表面についている製品が多いのです。

きれいな肌を保ちたいなら、勝負時以外は裏返しに着たり、かゆくなる繊維を使った服は着ないなどの対策が必要です。

 

原因となる内的要因を排除する

ストレスをためないこと、規則正しい生活、栄養面を考えた食生活を送ることは、肌の調子を保つ上でも極めて重要です。

それでも、仕事が忙しかったり、赤ちゃんがいたりしてなかなか自分の体のことを考えた生活が送れないのが現実ですよね。

 

そういうときは、1日単位ではなく、1週間程度の単位で見ると気が楽になります。

今日は睡眠を十分取る。明日はランチを野菜中心にする。

小さなことから始めて、できた自分を褒めつつ責めないでいられれば、ストレスも軽くなるでしょう。

 

中でも重要視すべきは睡眠。

睡眠が足りないと免疫機能が弱り、体全体の抵抗力が落ちます。

そうなると肌が荒れるだけでなく病気になりやすくなり、病気にかかると肌がますます荒れてしまうという悪循環を招きます。

良質な睡眠、適度な休息を確保することは、正しいスキンケアよりも根本的に肌を改善します。

 

外的要因から肌を守る

日焼けによる紫外線の害やエアコンの風、使ってみたけど合わなかった化粧品、間違ったスキンケアによる刺激など、肌をダメにする要因はいくらでもあります。

年中降り注いでいる紫外線から肌を守るためにUVカット成分が含まれた化粧下地やファンデーションを使ったり、保湿機能の高い基礎化粧品で乾燥を防ぐケアをしたりなど、外界の刺激を和らげるケアに変えましょう。

そして、スキンケアの方法を見直し、ゴシゴシこする洗顔やマッサージをしていたり、昔は肌に合っていたけど今は何となくしっくり来なくなった基礎化粧品を使っていたりするならば、思い切ってやめます。

他にも、開封して何年も経ったような古い化粧品は断舎離するなど、肌への刺激を徹底的に回避するのが適切です。

 

敏感肌を守るスキンケア

敏感肌になってしまう原因は、体調管理など内的要因によるところが大きいです。

だからといって外的要因から肌を守ること、つまり環境から肌を守ったり、間違ったスキンケアをやめたりして肌への負担を減らすことが重要でないわけではありません。

 

敏感肌では、細胞間脂質の流出により肌の水分を保持する能力が減っています。

つまり、いくら水分を与えてもそれを肌で保っておく力がないので、闇雲に水分を与えることにはあまり意味がありません。

ですから、補うべきは水分だけでなく、それを保っておくための保湿成分も重要なのです。

 

敏感肌に必要な保湿成分

肌なじみの良い保湿成分は、ヒアルロン酸、NMF(天然保湿因子)、セラミドです。

中でもセラミドは、健常な肌に比べてアトピー肌では大きく減少しているという研究結果がありますから、積極的に補給する必要があります。

 

ヒアルロン酸

皮膚の中に存在する保湿成分で、価格にかかわらずほとんどのスキンケアコスメに含まれています。

自身の7倍の水分を保持できるので、乾燥に傾きがちな肌をふっくら見せつつゆっくりと水分を供給します。

 

NMF(天然保湿因子)

NMFは特定の成分のことではなく、皮膚の中で水分の保持に役立っているミネラルやアミノ酸などの総称です。

外界の空気に含まれる水分や真皮からの水分を保持し、肌表面をみずみずしく保つ役割があります。

 

セラミド

細胞間脂質に含まれる代表的な物質で、油に馴染む親油基と水分に馴染む親水基を持ち合わせているため、層状になって水分をはさみこみます。

乾燥肌や敏感肌の人では健常な肌の人に比べてセラミドが減っている傾向があるので、肌の調子を悪くしないためにも積極的に補給しましょう。

 

セラミド配合をアピールしている基礎化粧品は多くありますが、選ぶべきはヒト型セラミドが配合されているものです。

成分表記でいえば「セラミド1」や「セラミドNP」など、セラミドという語に数字か英字がついているのがそれにあたります。

他のセラミドの場合、保湿力がヒト型セラミドに劣ります。

 

敏感肌のケアで重視すること

敏感肌のケアで最も重視すべきことは、刺激を与えないことです。

せっかく肌を守るためのスキンケアなのに、それ自体が肌に負担をかけていては意味がありません。

 

ですから、肌を叩いたりこすったりするのは厳禁です。

たとえば化粧水をつけたコットンで肌をパタパタパッティングするのは、叩く刺激に加えてコットンの繊維でこする刺激も加えているので、肌がカサついている時はしてはいけません。

また、マッサージクリームやオイルを使ってマッサージをするのは血行の改善につながりますが、量をケチって肌表面を指でこすってしまうようでは有害です。

たっぷり使って肌への摩擦を極力避けましょう。

 

敏感肌には保湿成分が詰まったオールインワンゲルでのケアがおすすめ

敏感肌のケアで重要なのは、

  • 水分とともにヒアルロン酸、NMF、セラミドを補給する
  • こするなどの刺激を与えない

ことです。

この2つを両立したいならば、保湿成分、特にNMFやセラミドがたっぷり詰まったオールインワンゲルを使うこと。

 

オールインワンを使う理由は、肌への刺激となるこする回数が減るからです。

例えば、化粧水、美容液、クリームを普段使っているとします。

その場合、アイテムを使うたびに何らかの形で手が肌の表面に触れています。

特に少量を薄く伸ばしたいときは、ついつい指に力が入ってしまいますよね。その刺激自体がNGです。

オールインワンゲルを使うなら塗るアイテムは1つだけなので、塗るために肌の上をこする回数も最小限で済みますし、ゲル自体が肌との摩擦を軽減します。

 

また、オールインワンゲルは肌の上でゲルの膜を作ることで、ゆっくりと水分と保湿成分を浸透させる性質があります。

ゲルの膜は減少した保湿成分を補いつつ、同時に水分を閉じ込めて肌を乾燥から守ります。

少しの手間で保湿が完了するのが、オールインワンゲルの最大の利点です。

 

まとめ

敏感肌は肌のバリア機能が低下し、少しの刺激でも肌に赤みやひりつきが出やすくなっている状態のことを指します。

アレルギーによって起きるもの、特定の物質に接触することで起きるものと、体内の状態が変わることで起きるもの、外界の環境の変化をきっかけに起こるものに大別されます。

 

アレルギーや植物などの接触で起こる敏感肌の場合は、その特定の物質を肌に触れさせないのが最善です。

しかし体内で起きる変化や環境の変化は何らかの対策をしなければなりません。

敏感肌の内的要因は、ストレス、睡眠不足、ホルモンバランスの崩れなどがあります。

まずこの要因をコントロールしないことには、敏感肌の改善には程遠いでしょう。

 

それと並行しつつ、外的要因から肌を守ることもまた重要です。

乾燥から肌を守るためのスキンケア、こするなどの間違ったスキンケアの改善、合わなくなった化粧品の使用をやめるなど、できることは何でもしましょう。

 

中でもスキンケアは重要です。

肌を守り、改善しようと思ってしているつもりが逆効果になっているようではいけません。

洗顔も出来る限り肌に負担をかけないようにし、スキンケアも成分を選び、方法を選び、極力肌の水分を守るだけでなく刺激を与えないような製品を選ぶことが大切です。

 

そのためにおすすめなのが、ヒト型セラミドが配合されたオールインワンゲル。

その理由は、減少したセラミドを補給するのに最も適切なのがヒト型セラミドであり、他の植物由来や合成のセラミドでは本来の役割を発揮できないこと、またいくらスキンケアといっても、肌の刺激になるこする行動を最低限にするにはオールインワンゲルが最善の選択肢だからです。

Jpeg

Jpeg

中でもメディプラスゲルは、

  • ヒト型セラミド3種、他にもヒアルロン酸やコラーゲンを配合
  • ミネラル豊富で美肌の湯として有名な玉造温泉水を配合
  • うるおいの膜を肌の上で作り、水分と保湿成分をゆっくり角質層まで浸透

という特徴を持ち、敏感肌に特化したオールインワンゲルなのでおすすめです。

敏感肌に悩む社長自らが開発したメディプラスゲルは、乾燥してかさつきやひりつきを覚えやすい敏感肌の上にうるおいの膜を張り、水分と保湿成分をゆっくり角質層に浸透させながら肌を守ります。

合う基礎化粧品がなかなか見つからない、どんな保湿化粧品もいまいち潤わず乾燥するという悩みがあるならば、完全返金保証もありますから、まずは試してみてください。

 - オールインワンゲル